欠損歯が多くなると固定式のブリッジでは無理です。

結論は入れ歯かインプラントと言う事になりますが、これがいろいろと問題があるのです。

昔から入れ歯を作る技術には「秘技、秘伝」があります。

現代であっても、大学の教科書では一応基本の手順、技術が教えられています。

しかし、それが完全であったなら、入れ歯に対する不平不満はずっと少ないでしょう。
引っ掛けの銀色のハリガネが見えて、審美的に悪く、最悪です。

今までの入れ歯の宿命なのです。

最近それらをほとんど解消した入れ歯があります。

ノンクラスプデンチャーといわれるバネのないピッタリとした入れ歯です。

でもノンクラスプデンチャーといっても色々あり、どれも同じではありません。

当然、作製方法にも「秘伝・秘技」はあるのです。

飯嶋歯科医院がこれだと勧めることができるノンクラスプデンチャーがあります。

従来の保険の入れ歯と比較すると、審美的、機能的に格段の差があります。

入れ歯と気づかれない、機能的にもかなり満足でき、インプラント1本分程度の費用(25万円)で可能です。

どうしてもインプラントは嫌いな方、インプラントが困難な症例の方、費用をできるだけ安くかつ満足したい方、

当院のお勧めするデノンクラスプンチャーをご相談下さい。

 

本庄市の矯正歯科・歯並び治療は本庄市の飯嶋歯科医院です
歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です

 

平成22年11月26日(金曜日)