赤ちゃんの虫歯予防に効果あり、妊婦にキシリトール?

妊娠中から出産後にかけて、虫歯菌(ミュータンス菌)や歯垢(しこう)を減らす作用がある天然甘味料「キシリトール」を摂取すると、 産まれてくる子どもの虫歯菌感染が抑えられることを、 岡山大大学院の仲井雪絵助手(歯科医師)らが突き止めた。

虫歯菌の感染が遅いほど、虫歯になりにくくなるとされており、母親の心がけが、子どもの虫歯予防につながることを実証した研究成果として注目される。

虫歯は、虫歯菌が砂糖などを分解する際にできる酸が歯を溶かすために起こるが、キシリトールを摂取すると、酸が生成されないうえ、虫歯菌を、歯からはがれやすい善玉菌に置きかえる作用が確認されている。
(読売新聞から抜粋)

という、ぱっと見ると、『キシリトールはすごく良いものだったんだ!』と思わせる書き方ですが、いいことしか書いてありませんから勘違いしないよう気をつけてください。

まずは「虫歯菌」は「ミュータンス菌」だけではなく、いろいろな菌が虫歯の原因となります。

虫歯は、結核やコレラのように、特定の菌に感染して起こるのではなく、常在菌によります。つまり生活習慣病のようなものです。

そして、キシリトールが効くのは、ミュータンス菌に対してのみです。

ですからキシリトールでミュータンス菌がいない口になっても、その口は虫歯にならない口ではありません。
誤解しやすいですね。

キシリトールに虫歯菌を殺すような働きはありません。

イメージは、”元気なくさせるぐらい”です。

母親のミュータンス菌が赤ちゃんの口に一部移動したとして、 そこがミュータンス菌の生育に適した環境でなければ定着しません。

一時的に菌が口からうつっても、もともとの口腔内細菌に阻まれる場合もあります。

キシリトールは、それ自体は虫歯の原因にならず、また虫歯菌への抑制効果もありますが、だからといって過信しすぎないようにしてください。
虫歯予防の基本はきちんとしたおやつを含めた食習慣と歯磨きです。

それができた上でキシリトールを応用すると良いでしょう。

さらに、お母さんのお口をきれいにいい状態で保つことは、お母さん本人・赤ちゃん双方にとって大切です。

平成22年7月9日(金曜日)