インプラント界の常識を変えた風雲児・鈴木光雄先生の登場です。
解剖学・麻酔学・歯周病学・外科学・咬合学・エックス線学とリレーのようにカリキュラムにそって学んできました。

大口塾はインプラントのテクニックの養成期間ではなく 、歯科医療全般のレベルアップ養成期間なのです。

いよいよ今回は待ち望んでいた大口式インプラントのマスターコースです。

講師は師範代で日本顎咬合学会指導医の鈴木光雄先生講師は師範代で日本顎咬合学会指導医の鈴木光雄先生です。
鈴木光雄先生はアイデアマンで数多くの工夫をされています。
通常の大口インプラントのセミナーと違って、塾生がより安全に楽にマスターできるような講義内容になっています。

数年前に大口式インプラントのセミナーを受講経験のある私は、その復習のようなものかと思っていました。しかし、さすがに大口塾です。当時の術式と違って今回は進化した大口式インプラント法に改良されていました。

講義内容も、大口塾で基礎を学んだお陰で、とてもよく理解できました。

鈴木光雄先生の実習のデモもハンズオンで何度も大切なところを繰り返し説明され完全マスターできました。

【講義内容】

  1. ホスピタリティー
  2. 失敗しない大口式インプラント法のテクニック
  3. 改良型スリッターを使用した大口式インプラント法
  4. インプラントの偶発症と予防
  5. 今後のスキルアップの方法

 

トピックスとして鈴木光雄先生のホスピタリティーのお話は医療はサービス業であることを有名なリッツカールトンホテルの話に例えて、とてもわかりやすくお話されました。

今回は大口塾生徒のための、秘伝やコツなどいろいろ教えていただき感謝の言葉もありません。

今回私が悩んでいたたくさんの質問に講義中に回答していただき、心から感謝いたします。

平成22年3月26日(金曜日)

手に手をとってのハンズオンセミナーです。 写真右が第2回国際審美学会大会会長の鈴木光雄先生

手に手をとってのハンズオンセミナーです。
手取り足取り親切丁寧にわかるまで教えていただき感謝です。お陰さまで相当の腕前になりました。

写真右が第2回国際審美学会大会会長の鈴木光雄先生です。
今日から鈴木光雄先生の弟子として入門させていただきました。

秘伝やコツを内緒で塾生だけに教えていただきました。
塾生も大喜びでした。