切開して剥離し、骨を大きく露出させてドリルで穴を開けるーこれが一般的なインプラントの手術法です。

骨は本来、空気にふれない骨膜に包まれています。その骨膜もろとも剥離するわけですから、手術が大袈裟になり、出血も多くなり、身体が受けるダメージも大きくなります。

インプラントは普通4ミリ位の直径の円状です。深さは8~10mmくらいです。インプラントが入るところ以外に切開し骨を露出させるのは余計な腫れや痛みを起こす原因となります。
必要最小限で良いと考えています。それでインプラントは植込みできます。

縫合すれば糸に汚れが付着し、治りが遅れます。
切開しないから手術部位は小さく、当然縫合の必要もないのです。
インプラント手術というと、何か大変なものだと思っている患者さんが多いようです。

「インプラントは痛くないのですか?」などとよく聞かれます。

痛みや、出血が多ければどこか間違っているわけです。
インプラントの手術の麻酔は抜歯の時より少ないくらいです。

下歯槽神経をマヒさせる伝達麻酔も使用しません。

患者さんにとっての、負担は最小限にしたいからです。
インプラントが入る8~10mmの長さと4㎜の幅ぐらいが効くように麻酔します。
痛くないところだけでインプラントを植えますので、安全で、簡単なオペなのです。

その上、当院では歯肉を切開、剥離などという作業を一切行いませんので、術後の腫れや痛みも最小限で抑えられるのです。

骨が軟らかい場合にドリルは使用しません。
骨を圧接しながら穴を拡大します。
最近はOAM(大口式インプラント法)を取り入れていますので、ドリルは最小限だけ使用します。

ほとんどは手を使って、穴を開けています。
このテクニックにより、安心で楽なインプラントになりました。

「手術といった大げさなインプラントから身構えないインプラント治療の研究」は飯嶋歯科医院の目標としているインプラントのテーマです。

平成22年2月26日(金曜日)