良い矯正歯科の条件は、

① 「高度な技術」

② 「正直」

③ 「親切」 ということです。

技術は歯科全体の知識が必要ですし、矯正ともなれば顔全体の美的な知識とかみ合わせの技術が必要です。ただ歯を動かして、前歯だけ見栄えがよくなれば良いというのではいけません。

子供さんにおいては学力やスポーツ能力の向上まで考えた治療でなくてはなりません。口とその周辺の知識を持っていないと困ります。

良い歯科医とは、親切でなくてはなりません。
矯正の相談に対し、パンフレットを使って話をするだけでなく、実物のブラケットやワイヤを見せて、どのように治るかということを細かく、わかり易く説明してくれなくてはなりません。

正直ということも大切です。矯正医は必ず治療前のお口の模型や途中の模型を取りますから、その医院で実際に治療した模型を見ながら説明を受けることです。写真では細かいことは分からないこともありますが、模型ならごまかすことが出来ないからです。そして治療期間と治療費のトータルを尋ねてください。

総治療費とは、相談料やエックス線検査料、診断料と治療費、保定装置料、消費税を全て含んだものです。それに調整料と称し、毎月に支払うお金もあります。

床矯正のように最初安く言いながら、毎回お金を取られ、その金額が20万円以上になって、転医したくも出来ない患者さんを多くを見ています。間違った治療方法で行った歯並び治療は一生を台無しにしてしまいます。正しい矯正治療の知識を持っておくことは大切なことなのです。

その為に、

何故? 歯を抜歯する矯正はいけないのか、

何故? 床矯正は治らないのか?

といったことを具体的に分かりやすくブログに書いていきたいと思います。

飯嶋歯科医院は「なるべく歯を抜かない矯正」から「絶対に歯を抜かないで治す矯正」が今年のテーマです。

平成22年2月5日(金曜日)