究極の審美的矯正なら舌側矯正です。

歯の裏側から装置(ブラケット)をつけるので、人にはわかりません。

世界で様々な舌側矯正の種類があります。

飯嶋歯科医院では舌側矯正は10年以上の研究歴があります。

アメリカのオームコ社や藤田メソッドなど。

どれも複雑です。

痛くて患者さんにとっても大変でした。

おまけに高価です。

そこにドイツのフォレスタデント社から2Dリンガルが発売になりました。

日本でも発売されました。

このフォレスタデント社の2Dリンガル法はとても患者さんに快適です。

当院の診療のコンセプト(方針)

  1. 安く
  2. 早く
  3. 快適

ピッタシですね。

症例にもよりますが、2Dリンガルが一番だと思います。

今後はこの2Dを使い、舌側矯正の普及に努めたいと思います。

平成21年10月30日(金曜日)

 

UCLA歯学部客員教授のカシアフェスタ先生と

写真右は院長の恩師でUCLA歯学部客員教授のカシアフェスタ先生です。
イタリア人には珍しく、几帳面な先生です。すき焼きと寿司が大好物です。
2Dリンガル舌側矯正はこの先生から教わりました。