虫歯の感染の時期が早い子どもほど虫歯になりやすいと言われています。

赤ちゃんに虫歯を感染させないことは理想です。

虫歯に感染しても、虫歯にならないようにしてあげることはできます。

虫歯の原因は、ミュータンス菌です。

日本人の90%が感染していると言われています。

ところが、生まれたばかりの赤ちゃんにはいません。

それでは、その虫歯はどのように赤ちゃんに感染するのでしょうか。

ほとんどの場合は、母親など周囲の人から感染が考えらます。

専門医によりますと、ミュータンス菌の感染は予防できると言います。

どうすればミュータンス菌を赤ちゃんに感染させないようにできるのでしょうか。

① 虫歯のあるお母さんは出産までに治療を済ませておく

② 虫歯のあるお母さんが口で噛んだものを子どもに与えない、

③ 家族が使用した食器は子どもと共用しない

近年よく言われているようですが、赤ちゃんへの口うつし、スプーンなどの共有で虫歯は赤ちゃんに確実に感染してしまいます。

①から③は実際にやるとなると結構難しいと思います。

赤ちゃんに虫歯を感染させないようにするのが重要です。

子どもが虫歯になると夜鳴きなどで大変です。

2歳から3歳頃までに虫歯菌に感染しなければ、永久歯の虫歯になる可能性は非常に低くなると言われています。

ただし、虫歯を感染させないために赤ちゃんとのスキンシップを避けるというようなことは、しないでください。

そんなことをしましたら、新たな問題が生じてきます。

ほどほどが一番です。

平成21年10月23日(金曜日)