虫歯の最大の治療法は予防に限ります。

どんなに優れた歯科医師が最高の材料を用いて治療をしても、もとの自分の歯に勝るものは作れないわけです。

虫歯は、ガンとは違い、きちんと予防をすると完璧に防ぐことができます。

予防法として代表がフッ素です。

難しくなりますが、歯は、ハイドロキシアパタイトという結晶でできています。

この結晶の密度が高いほど丈夫な歯になります。

わかりやすく言うと、歯を磨かないのに虫歯にならない人は密度が高いのです。

しかし、完璧な歯は存在し得ません。

結晶のどこかにキズや不完全なところが存在しているものです。

フッ素は、そういったキズや不完全な結晶のところに作用します。

そして酸に溶けにくい歯を作り、歯そのものを強化していきます。

また、細菌が出す酵素の働きを阻害します。

このお陰で、歯や歯肉に有害な酸の量を減らします。

フッ素は、虫歯と歯周病の両方の予防に有効です。

定期的に歯科医院に通って、歯垢や歯石を取ることが賢い虫歯予防です。

正しいブラッシング方法は当然なのですが、その前に歯みがきを毎日しっかり行うことは、虫歯予防の基本中の基本です。

ところで虫歯を予防するもっとも重要なことの一つが、食生活の改善です。

日本でもキシリトールの使用が認められ注目が集まっています。

食後30分以内に歯を磨いて、その後にキシリトール入りのガムを食べてみてください。唾液の分泌を促進し、虫歯になる酸を薄めて虫歯の予防につながります。

ぜひ、キシリトールを利用してみてはいかがでしょうか。

平成21年10月9日(金曜日)