患者さんからの歯の変色のご質問が最近増えています。

原因と対応についてお答えします。

何回かに分けて書こうと思います。

歯は、毎日食事をしますので食べ物の色が着いてしまうのは当然です。

わかりやすく言うとお茶碗です。

湯のみの底に茶渋がついています。

これがわかりやすい例だと思います。

お茶以外にも色が着いている食べ物は、歯の変色の原因となります。

対策としては、色が着いたものを食べないことです。

でも食べないわけにはいきませんので、着いた色素の除去となります。

通常は、普通に売られている歯磨き剤で普通に磨けば取れます。

タバコのヤニ取り用歯磨き剤は、研磨剤の量が多すぎるのでお勧めできません。

タバコや紅茶などで取りにくい色素が着いている場合は、家庭では無理です。

家庭で下手にやると歯の表面は、良くみると凸凹が多いので、凹部に沈着した色素を乱暴に取ろうとすると凸部の歯が減ります。

私は毎日風邪予防に紅茶を飲んでいますが、これは歯が黄色くなるので困っています。


歯科医院にて専用の道具で除去することがお勧めです。

平成21年9月18日(金曜日)