現在の健康保険制度は、病気になってからを基本的に設定しています。

なので、予防は保険が利きません。

とりあえず、これは原則です。

唯一、子供の場合年1回の学校歯科健診があるので救いです。

でも検診はあくまで虫歯があるかないかの検査だけです。

俗に言う、学校から虫歯の紙に結果が書いてあります。

「検診で虫歯がなしだが、虫歯が痛くて寝られなかった」なんて、よく聞きますね。

学校検診は結構いい加減です。

歯医者さんの明るいライトのあるイスにはかないません。

学校の保健室では電気が暗すぎます。

このイスで横になって、もう一度精密検査してみましょう。

それも、年2回健診することをお勧めします。

一年に一度の健診では、生え変わりなどがある小児は虫歯を見落としがちです。

子供の歯を虫歯から守る簡単な方法とはなんでしょうか?

正解はズバリ、定期的に歯科医院に点検に行くことです。

当たり前の事になります。

当たり前ですが、やっている人は本当に少ないのです。

虫歯を初期で見つければ、治療は簡単に終わります。

要観察の歯があれば、虫歯になる前に予防対策が出来ます。

歯列不正の可能性を見つければ、早めに矯正相談することも出来ます。

子供の場合早めに対策をうちましょう。

そうすれば、大人になってからも一生快適に過ごせるのです。

平成21年9月4日(金曜日)