虫歯を治すために歯科医院に行くと、必ず最後は銀歯を詰められる。

これらはほとんどの患者さんが経験していると思います。気の毒なことですが、歯医者さんに行けば行くほどお口の中が銀歯になってしまうのです。

盲腸の手術に例えてみるとわかりやすいと思います。お医者さんによって安全のため大きく切開する人と、傷口がわからないように小さく切開する人がいます。水着を着たりすることも考えると、目立たないほうが嬉しいですね。

銀歯はインレーと言います。通常ほとんどの場合、歯科ではインレーを詰めて終わりです。保険適応でも患者さんの本音は少しも気に入っていませんし、満足もしていません。理由は銀色に目立つし、かっこ悪いからです。

保険でできる、目立たない詰め物は他にないのでしょうか?

答えはイエスです。インレーに代わってコンポジットレジンはいかがでしょうか?

最近のコンポジットレジンは材質も改良され、フッ素も入っていて益々よくなっています。

コンポジットレジンの特徴

  1. 天然の歯と同じ色が選べる
  2. 保険なので安い
  3. 歯を最小限に削るだけでOK

ほとんど欠点はありません。

飯嶋歯科医院では開院以来15年間、虫歯にはこのコンポジットレジンに注目しコンポジットレジンオンリーでやってきた実績があります。恐らく当院の大人の虫歯治療の90%はコンポジットレジンです。子供なら100%です。この治療法は当院の看板メニューで多くの患者さんから喜ばれています。

治療前 治療後
治療前 治療後

平成21年7月3日(金曜日)