虫歯で歯がなくなると、ブリッジ入れ歯インプラントあるいはそのまま放置のどれかの選択をしなくてはなりません。
お口の機能を考えるとそのまま放置するとことは、マイナスが大きく問題です。

最近ではインプラントを勧められる場合もあると思いますが、費用が大変かかります。1~2本程度ならなんとかなる患者さんもいます。多数の歯が無い場合は100万~300万円もかかります。全然歯が無いケースでは上下で500万円以上かかるケースも普通です。上下1、000万円というインプラントで有名な大家もいます。
もちろんお金のある人は平気でしょう。この100年に一度といわれる経済危機です。何百万円ものお金の出費はきついと思われます。

また、入れ歯にした場合、金属のバネで困っている人も少なくありません。保険の入れ歯は金属の針金が見えて審美的に問題があります。保険外ではありますが、このような方には最新のノンクラスプデンチャーが解決します。これは金属の針金が無いし、審美的にも満足がいくし、薄くかなりピッタリ入ります。
ノンクラスプデンチャーもいろいろ種類があり、歯科医院によってうまい下手があります。日本製より外国製のほうが、現段階ではとてもいいです。飯嶋歯科医院ではアメリカから材料を直接輸入しています。きわめて弾力のある材料と一流の歯科技工所の巧みの技により、かなりの好成績を上げています。
今後は歯がなくなった場合インプラントかノンクラスプデンチャー(入れ歯)の二者択一になると思います。インプラントの手術を嫌う人も多いので、ノンクラスプデンチャーも人気があります。よって現在ノンクラスプデンチャーは入れ歯の王様です。

良く咬めるために何百万も出せないが、20~30万なら何とか出せると言う患者さんは結構多い気がします。インプラントが1本30万円ならノンクラスプデンチャーなら25万円でできます。何とインプラント1本分の25万円で審美的でよく噛めるのです。

いつの時代でもいいものは高価です。保険治療では限界があります。

保険の入れ歯では咬めないし、違和感があり、結局残った歯もダメになるという悪循環になってしまいます。昔と違ってこれからは医療技術がどんどんよくなっていきます。インプラントの進歩はすばらしいです。しかし国も財政難で保険の財源を毎年2,000億円削減しています。残念ですが、今後の歯科医療は、健康保険の範囲では患者さんの満足させることができなくなって行くと思います。

今後は歯のために多少のお金を貯金して頂くよう御願い申し上げます。
でもインプラントや入れ歯より自分の歯が一番です。そのために、歯医者さんを利用して歯を無くさないための予防の実行が大切なのです。

平成21年6月26日(金曜日)