親知らずを抜いた!とよく聞かれます。

親知らずは悪者のような感じです。

親知らずとは、前から数えて8番目の歯です。
萌えている人と萌えていない人がいます。
萌える年齢は18歳位からです。
場所がないと萌えてこない場合もあります。
仮に萌えてきても場所がないときちんと萌えるができません。
歯肉から少し顔を出しているような状態で萌えた場合は磨きにくいので虫歯になりやすいです。

また、親知らずの周りの歯肉が汚れていると化膿して歯肉が腫れます。

この場合、炎症が筋肉に行くと口が開かなくなります。
そうした場合に歯医者さんで抜歯するということが多いです。
親知らずの周りの歯肉が腫れるととても痛いです。
人により頻繁に腫れる人もいます。
親知らずがあると、すぐに抜くことを勧める歯医者さんもいますが私は問題がなければ経過観察がいいと思います。

例外として歯の矯正をする場合は原則親知らずを抜いています。

親知らずが後ろから前の歯を押し、歯並びをががたがたにしないためです。
いずれにしてもケースバイケースです。

親知らずは悪者ではありません。

問題がでた時に、患者さんにわかりやすく説明してどちらかを選んでもらえばいいと思います。

平成21年6月5日(金曜日)