今回はマウスピース矯正のやり方をお教えします。
透明なマウスピースのようなものを、患者さんが毎日歯を磨くとき以外はめておきます。
当然寝るときもつけたままです。
食事するときもつけたままです。
びっくりすると思いますが、つけたまま食べるのです。
約1ヶ月すると新しいマウスピース矯正用のリテーナーに交換します。
数ヶ月この繰り返しです。
実際最初だけはブラケットをつけて、ある程度は並びを良くしその後にマウスピース矯正をした方がベストです。この方が時間もかからず、きれいに治ると言われています。
患者さんの中にはブラケットは絶対いやという人もいますのでこういう人はマウスピース矯正のみでやります。
当然費用と時間はかかります。
マウスピース矯正は今年の矯正の世界で話題No1です。
今後の流行は間違いありません。
やってみたい人は飯嶋歯科医院にぜひご相談下さい。

平成20年12月12日(金曜日)