「きれいな人」と言うとき、きれいとは顔(ルックス)を指しています。
顔にコンプレックスを感じていると、暗い表情となり、行動まで消極的になるのです。

これでは人生がもったいないですし、大きな損です。
逆に顔がきれいだと明るくイキイキと行動できます。
そのため、できるだけ素晴らしい顔になるような努力が必要になります。
まず、きれいになりたいと思ってください。
今でも歯を抜く矯正歯科医は、「Eライン」という横顔を重要視しています。
知人の矯正医もそうです。

正面から見た顔を、きれいな人と言うのです。

Eライン」はどうでもよいものだと、私は考えています。
横顔より正面顔です。

美人顔と、Eラインはほとんど関係ないです。
正面からの笑った顔がきれいだと自然です。

美しい歯並びこそきれいな笑顔の原則です。
これが、日本人のふっくらした唇そして温かさを感じさせます。

Eラインという言葉はこのふっくらした唇とともに温かさと感じの良さをぶち壊します。
歯を抜くための方便として考えられたのがEラインという言葉です。

現在、このEラインは気にしない方がいいです。

平成20年12月19日(金曜日)