9月28日の日曜日に福井県福井市に行ってきました。

旅行ではありません。世界のインプラント界の第一人者の小笠原久明先生にお会いするためです。

小笠原先生は有名なオガインプラントの開発者です。

小笠原先生から26日に急に私に電話があり「私のインプラントを見学させてあげるから福井に来たまえ!」と言われたからです。

雲の上の大先生ですから断るのは失礼と思い、せっかくの機会なのでお言葉に甘えて行くことにしました。(予約のキャンセル・変更を快くしていただいた患者さんに感謝します) 

こういう機会がないと福井市の小笠原先生の診療室で実際にインプラントの手術をやっている姿を見ることはできません。私にとってとても光栄なことなのです。

私はこの普段から自分のクリニックでオガインプラントを使っています。

とてもシンプルです。オガインプラントを積極的にやられている先生を私も知っております。オガインプラントはインプラントの中ではいろいろと面白い特徴があるので興味があります。

福井に行ったのは初めてで、昼休みに小笠原先生が福井市内を案内してくださいました。おいしいお昼もご馳走になりました。小笠原先生は、ざっくばらんな先生で、いろんなことを包み隠さず教えてくださいました。

本庄早稲田駅から越後湯沢で特急に乗り換えて、富山・金沢を経て福井まで約5時間もかかりました。オガインプラントを68歳の小笠原先生が実際にやっている姿を見て、超一流の日本を代表するインプラント医であることを確信しました。

私の将来の姿として、ばっちり目に焼き付けてきました。

福井は遠く大変でしたが、とても勉強になりました。

インプラントの知識の向上になり、今回の研修は大成功でした。インプラントは今まで、理論がどんどん変わってきているので、オガインプラントがもっと広く受け入れられる時が来ると思っています。

平成20年10月17日(金曜日)