歯科矯正」のキーワードでホームページを検索してみました。
抜かない矯正とか非抜歯矯正とキーワードが載っている歯科医院のホームページを見つけたので訪問してみました。
マウスピースを使う取り外し式の見えない装置、床矯正などいろいろあります。

非抜歯矯正と書いていても「飯嶋式矯正法」と同じやり方の歯科医院はほとんどありません。 でも他の医院の非抜歯矯正と私のやる非抜歯矯正とは意味が全く違います。つまり私が非抜歯と書いているのは、いわゆる上下合計4本抜歯をしないということです。それは上下4本も抜いての矯正は、いくら歯が並んだとしても失うものが大きいということです。

出っ歯の患者さんの場合どうしても抜歯しないと並ばないケースもあります。決して抜かないのではありません。どうしても必要ならば1~2本の抜歯もします。抜歯しないとどうしてもきれいに並ばないケースもあるのです。非抜歯矯正の限界は絶対にあります。
でも4本を抜くことはしていません。せいぜい出っ歯の人でも上2本抜歯です。
私の矯正方法はきわめて簡単なやり方です。歯に付けるブラケットは透明で目立たないものを患者さん全員に使用しています。早くきれいになり、おまけに費用も安くて出来るのです。20年の経験と過去500症例以上の臨床経験から得た、秘伝のコツがあるからできる技なのです。
歯を極力抜かないので、患者さんも大満足です。

平成20年10月3日(金曜日)