虫歯の日なので歯ブラシについて一言です。

歯ブラシを歯と歯の境目に45度または直角に当てて、軽く小きざみに動かします。
ゴシゴシこするのは歯や歯ぐきを傷めるだけではあまり効果がありません。
 

ポイント

軽い力で磨きましょう

力を入れすぎると磨いているつもりでも実は磨けていません。
毛先が開いてしまって、歯と歯ぐきの境目に当らないからです。

前歯編
前歯の外側を磨くときは、歯ブラシを鉛筆のように持って歯と歯ぐきの境目に毛先を当て、軽く左右に動かします。

前歯のすき間は歯ブラシを立てて磨きます。

上下の前歯の内側は、歯ブラシを縦に構えて、磨きます。

磨き残しに注意して!

下の前歯は、歯ブラシの後部分で磨くやり方もあります。

奥歯編
奥歯の外側は歯ブラシを横にして、また内側は斜めに入れて磨きます。
奥歯の最後端も歯垢がたまりやすい所。歯ブラシの中央部の毛を当てて磨きましょう。

前歯や奥歯のくぼみを磨くことも大切ですが、歯周病予防のために歯ぐきのまわりをきちんと磨きましょう。

定期検診

どんなにしっかり磨いてもすべての歯垢をとることはできません。歯と歯ぐきの状態や、 目的に応じて適した磨き方も異なってきますので、ブラッシング指導や定期検診を受けチェックしましょう。

どんな歯科治療であってもブラッシングは大切です。歯を永く保つためにもテクニックを身につけ、自分のものとしてください。

また、矯正治療中とかインプラント施術後のブラッシングは特別な方法がありますのでご相談ください。

平成22年6月4日(金曜日)