明けましておめでとうございます。

今年も平成22年度の治療がはじまりました。

早速、朝から電話が鳴り響いて急患と新患と飛び込み患者でごった返しです。

飛び込み新患4名、その他の急患数名、インプラント相談2件、矯正歯科相談1件
飯嶋歯科医院では常に最新技術を積極的に取り入れています。

今年の目玉は2つです。

① 非抜歯矯正の習得です。

これにより3次元的な歯の移動が可能になり、第一小臼歯をほとんど抜歯しないで矯正治療ができます。

治療期間も約1年半と従来の方法よりの半分に短縮できます。

それも顎の機能や位置をキャディアックスという機械を使って動きを調べて分析し矯正治療に役立てたいと思います。

② インプラントに関してもほとんどドリリングしないで骨を動かしながら埋入していきます。

骨を削らないので患者さんも安心して治療が受けられ血圧も安定しています。今年もどしどし新技術を取り入れて患者さんの治療に生かしていきたいと思います。

大口塾が3月で卒業です。

臨床レベルも都心の一流のドクターレベルになりつつ有ります。

本庄市の歯科医院初のデンタルCTの導入も検討中です。

そして飯嶋歯科医院はさらに飛躍します。

乞うご期待下さい。

平成22年1月8日(金曜日)