インプラントを知るには解剖は特に重要です。

日本歯科大学 佐藤巌教授と

大口塾では日本歯科大学の佐藤巌教授によるインプラントのための解剖学と小菅医院・横浜朱雀漢方医学センターの熊谷由紀絵先生によるインプラント手術をいかに安全におこなうかの講義があります。

佐藤巌先生のお話ではこんなところにも血管や神経があるかと驚き連続ともっともっと慎重に見て血管を探さなければならないと思いました。

熊谷由紀絵先生の麻酔の講義

また医師である熊谷由紀絵先生のお話では歯科のインプラントの治療時の注意点や危険な行為、全身管理などをたっぷり教わりました。

最近話題の静脈麻酔は舌が下がってしまい呼吸には大変に危険であることを知り深く考えさせられました。

飯嶋歯科医院ではその当初から危険性を予知していました。
われながら大口塾の講義内容はなんてすばらしいのかと実感しています。

平成21年12月18日(金曜日)