虫歯で根っこしかないときは土台が必要です。 ファイバーポスト
今までは鋳造した金属のポストを歯の根の中にねじ込んで作っていました。
しかし、この欠点は根っこがハセツし易いということです。

神経を取って、せっかく作った土台が折れてしまっては、抜歯になります。
特に、前歯ではいろんな力が加わりますので、ハセツし易いのです。

前歯はメタルボンドなど自費の良い物を作っている場合が多いのです。

そこで救世主としてファイバーポストの登場です。

最新の材料のファイバーポストは弾力と強さがあります。

つまり歯のハセツに強くかつ審美的なのです。
それにより、より強固な土台作りに自信を持っています。

もちろん審美的にも満足できます。
しかし現在保険適用ではありません。

メタルボンドなどを作るときに限られます。
飯嶋歯科医院はこのファイバーポストに早くから注目してきました。
メタルボンドなどを作る時には美しくて強い、ハセツし難いファイバーポストをお勧めします。

平成21年2月13日(金曜日)