こんにちは。院長の飯嶋倖央です。

蒸し暑い日が増えてきたように感じますが
当院をご利用の患者様はいかがお過ごしでしょうか。

私はとても元気です。

七夕

7月といえば七夕ですね。現在では
「○○が欲しい」
「○○になりたい」など
幅広い願いごとが書かれる七夕の短冊ですが、もともとは織物の上手な織姫にあやかって、「物事が上達しますように」との願いを込めて短冊をしたためていました。

みなさんはこの夏、何を上達させたいですか?もし現在、目標としているものがあれば、その上達をお願いしてみるのもいいかもしれませんね。

さて、歯科において上達しておいていただきたいことといえば、やはりブラッシング!

今回は、ブラッシングの基本と、リスクとなりやすい部位ごとのブラッシングのコツをご紹介いたします。

◆ブラッシングの基本

まず大事なのは持ち方。

「えっ?そんなところから?」

と思われるかもしれませんが、歯を傷つけないために大切なことです。

歯ブラシは力の入りすぎを防ぎ、細かく丁寧に動かせるように、えんぴつのように持ちます。

歯面には歯ブラシの毛先を垂直に当て、小刻みに往復(5mm〜10mm程度を目安に)させながら、1〜2本ずつ丁寧に磨きましょう。

この時、力を入れ過ぎてブラシの毛先が広がらないように注意してくださいね。

ブラッシングの基本

高崎市の矯正歯科・本庄市の歯並び・歯列矯正・矯正歯科・深谷市の矯正歯科・前橋市の矯正歯科・伊勢崎市の矯正歯科・熊谷市の矯正歯科・上里町の矯正歯科・美里町の矯正歯科・神川町の矯正歯科・藤岡市の矯正歯科・小川町・吉見町・嵐山町・川越市・所沢市・玉村町の矯正歯科・桐生市の歯並び・歯列矯正・上手・評判・安い・痛くない・早い。土曜日診療・日曜日診療・木曜日診療・祝日診療・夜間診療は埼玉県本庄市の歯科・歯科医院・歯医者の飯嶋歯科医院です!

2021年7月12日