2011年10月16日 読売新聞によると電動歯ブラシの愛用者が増えているそうです。

日本電機工業会の調査によると、昨年度の国内出荷台数は10年前の約3倍の407万台に伸びたそうだ。

慶応大歯科口腔外科学教授の中川種昭曰く、学生10人を48時間、歯を磨かせない状態にしてから、手磨きと電動歯ブラシで、2分間と4分間ブラッシングさせる実験をした。すると、電動を使った方が、歯の汚れを1~2割多く落とすことができたそうだ。

手磨きの振動回数が1分間に100~300回程度なのに対し、電動は数千~2万回と、はるかに多い。

強力なパワーを上手に使えば、歯の汚れをとるだけでなく、歯肉をマッサージすることで血流が促され、歯肉炎が改善されるというのがメーカの売り文句。。

しかし、慣れないうちは、手磨きのように思い通りにブラシを動かせないので、自分の歯並びにあわせたきめ細かなブラッシングができず、磨き残しが出る。

でも電動歯ブラシは短時間で、効率よく磨ける点で利点がある。

問題は順序だ。

私はまず手で磨いて、そのあとに就寝前にゆとりがある時は、電動歯ブラシによるマッサージをお薦めしたい。

初めから電動歯ブラシのみだと将来歯周病に間違いなくなりますよ。

 

高崎市の矯正歯科・前橋市の矯正歯科・伊勢崎市の矯正歯科・深谷市の矯正歯科・熊谷市の矯正歯科なら飯嶋歯科医院です。

入れ歯と歯並び・歯列矯正・矯正歯科・小児歯科・歯周病治療・審美歯科なら本庄市の飯嶋歯科医院です!

平成24年2月13日(月曜日)