最近の研究では、睡眠時無呼吸症が、糖尿病や高血圧、
脳卒中や心臓病などの重い病気まで引き起こすことが明らかになってきたそうです。

睡眠時無呼吸症は、舌の根元がのどに落ち込んで気道をふさぐために起こります。太った人がかかると思われがちでした。

日本人を対象にした調査では、43%の方が肥満ではなかったそうです。

では、なぜ睡眠時無呼吸症になるのかというと、顎が小さいからだそうです

顎に対して舌が大きくてふさぎやすくなるのです。

欧米の人に比べ日本人はあごが小さい人が多く、8割が「小さいあご」に当てはまるそうです。

歯並びが悪い人も、小さい顎の可能性があります。

歯並びと顎の状態によりますが、歯列矯正治療で顎を広げたり、舌側に傾いたり飛び出した歯をきれいに整えることで、舌の器を大きくして、睡眠時無呼吸症になりにくくする効果が期待できます。

これからは可能な限り非抜歯で舌の部屋をひろげる矯正治療を行い舌の訓練も指導も大切です。

歯列矯正が、虫歯・歯周病予防だけでなく、糖尿病や高血圧、脳卒中や心臓病などの重い病気の予防にもつながるということになるのですね。

平成22年8月6日(金曜日)