開院以来14年にわたり年末年始を含め年中無休で地域歯科救急医療体制の発展・向上に貢献してまいりました。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 年別アーカイブ: 2010年

年別アーカイブ: 2010年

年末年始診療のお知らせ

今年も大変お世話になりました。
恒例の年末年始診療も今年で16年目になりました。
急な歯痛でお困りの時は、ぜひご利用下さい。
来院前に必ずお電話下さい。

★電話は12時30分から15時は不在です。  

<年末年始診療の診療時間>

  ●12月29日
  ●12月30日

 通常通り朝9時から夜9時まで診療しています。

  ●12月31日
  ●1月1日
  ●1月2日
  ●1月3日

 朝9時から午後5時まで診療しています。  

 

本庄市の矯正歯科・歯並び治療は本庄市の飯嶋歯科医院です
歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です

本庄市・深谷市・熊谷市・高崎市の矯正歯科なら飯嶋歯科医院です
 

平成22年12月24日(金曜日)

師走に思う

この時期は忘年会のシーズンで、不況の飲み屋街もこの時期だけは人出が多いようです。

何故?忘年会なのか、年忘れなのかと思いますが、やはりイヤなことも多いのがこの世の常というものでしょう。

結婚式を挙げたとか、子供が生まれたとか、忘れてはいけない良い思い出があっても、それ以上にイヤなこともあるのが世の中だと感じています。

「年の瀬」という表現も現代に通じる含蓄のある言葉、表現だと思います。

「瀬」とは川の浅い所のことです。

川の水が月日ならば、「瀬」という残り少なくなった月日ということです。

浅いところは流れも急で、あわただしく感じます。

師走というのは、昔は年末に法事とか、お坊さんにお経をあげてもらう風習があったので、お坊さんが東西に走りまわっていた事から由来があるとされています。

現代でも、年末は皆忙しくて、道路は公共工事の予算使い切りかなんかで掘り返しているし、年の瀬を感じます。

年賀状の宛名書きが一番苦手です。

今年は奥さんが書いてくれるといっているので、甘えてしまおうと思っています。(笑)


本庄市の矯正歯科・歯並び治療は本庄市の飯嶋歯科医院です
歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です


平成22年12月17日(金曜日)

本庄市市政功労者に輝く

平成22年11月16日(火曜日)1時30分から本庄市役所6F大会議室にて本庄市市政功労者の表彰式がありました。光栄にも私が選ばれ吉田信解市長から表彰状ならびに市政功労章を頂きました。

来賓として竹並万吉県会議員・高橋かずみ市議会議長・高橋福八商工会議所会頭がお祝いに駆けつけてくれました。

私と親しくさせていただいている3人なのでとても嬉しかったです。

でも副市長と教育長そして秘書広報課長は無愛想でしたね(笑い)。

新聞や雑誌でご存知なのか、多くの人から声をかけられました。とても嬉しいのですが、正直先方がどなた様なのか全然わかりませんでした。

微力ですがこれからも本庄市のために活躍したいと思います。

 

平成22年12月10日(金曜日)

師走に思う

もう1月が近づき、だんだんと寒くなってきましたね。

今年の12月22日は、二十四節気でいう冬至にあたります。

この日は一年で最も昼が短く、夜の時間が長くなるそうです。

日本では古くからこの日に柚子湯に入る習慣があるようです。

柚子湯には冷え性や神経痛、腰痛などを和らげる効果があり、ある検査では、普通のお湯と柚子湯に入浴した後のノルアドレナリンを比べたところ、4倍の差が出たそうです。

ノルアドレナリンは血管を収縮させる効果のある成分ですので、それだけ血管が拡張し、血液の循環をよくしているという事になります。

また、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる、美肌効果もあるそうです。

また、柚子湯の習慣は銭湯の登場以後のことであり、一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)の語呂合わせで、身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけであるとの事です。

寒い冬にこそ健康を維持して、落ち着いた年の瀬を迎えたいものですね。

 

本庄市の矯正歯科・歯並び治療は本庄市の飯嶋歯科医院です
歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です


平成22年12月3日(金曜日)

ノンクラスプデンチャー

欠損歯が多くなると固定式のブリッジでは無理です。

結論は入れ歯かインプラントと言う事になりますが、これがいろいろと問題があるのです。

昔から入れ歯を作る技術には「秘技、秘伝」があります。

現代であっても、大学の教科書では一応基本の手順、技術が教えられています。

しかし、それが完全であったなら、入れ歯に対する不平不満はずっと少ないでしょう。
引っ掛けの銀色のハリガネが見えて、審美的に悪く、最悪です。

今までの入れ歯の宿命なのです。

最近それらをほとんど解消した入れ歯があります。

ノンクラスプデンチャーといわれるバネのないピッタリとした入れ歯です。

でもノンクラスプデンチャーといっても色々あり、どれも同じではありません。

当然、作製方法にも「秘伝・秘技」はあるのです。

飯嶋歯科医院がこれだと勧めることができるノンクラスプデンチャーがあります。

従来の保険の入れ歯と比較すると、審美的、機能的に格段の差があります。

入れ歯と気づかれない、機能的にもかなり満足でき、インプラント1本分程度の費用(25万円)で可能です。

どうしてもインプラントは嫌いな方、インプラントが困難な症例の方、費用をできるだけ安くかつ満足したい方、

当院のお勧めするデノンクラスプンチャーをご相談下さい。

 

本庄市の矯正歯科・歯並び治療は本庄市の飯嶋歯科医院です
歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です

 

平成22年11月26日(金曜日)

医療の常識を疑う?

「CT検査でがんになると」近藤誠医師(慶應大)が文藝春秋に衝撃のレポートを書いている。

内容を読むと、CTの被ばく線量は通常のX線の200倍以上であり、世界の1/3のCT装置が日本に集中しているという。

歯科の場合、幸いにも頭部はX線を通しにくい頭骸骨が存在するために、胸部、腹部に比べてX線の吸収線量は数倍になるが、発がんのリスクはあまり増えないとされています。

近年歯科でも歯科CT撮影が激増しており、これは主にインプラントの診断に用いられます。

必要な場合は200倍の被ばく量であっても有効であると思います。

すべてのインプラントの症例に必要な訳ではありません。

CTは情報量が多いために必然的にX線被ばく量は増大します。

しかし、通常のX線や口腔内診査、模型などにより明らかに骨量や幅、高さなどが容易に推定できる場合はCTは不必要なのです。

普通はそういう症例に限ってインプラントの説明、診断、治療を行うのです。

インプラントが困難な症例というのは通常のX線撮影で容易に発見可能です。その上でインプラントを中止するのか、CTにより可能な方法を見いだすかという選択があるはずです。

CT撮影は有効だと思いますが、まずは通常のX線での診断が重要であると思います。

なるべく抜かないで歯周病を治療すればそもそもインプラント治療にはなりません。

基本的なしっかりとした治療、予防、点検を行っていればなかなか歯は抜けないものです。すでに歯を失ってしまっている場合、通常の診断で可能な場合、インプラントの治療に歯科CTは不要です。

読者の皆さんはどうおもいますか?

本庄市の矯正歯科・歯並び治療は本庄市の飯嶋歯科医院です
歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です

平成22年11月19日(金曜日)

矯正治療の治療費

矯正の質問で一番多いのが治療費や、相談料などです。

まず、相談料は無料です。

相談内容は矯正とはどういう治療とか、使う器具とか、治療期間についてです。

一般的な話をしても、個々の症例によって方法などもかなり違ってきますので、お口の中を拝見させていただいて個別の説明をしています。

お口の中から歯の傾きの程度、虫歯の有無を診させていただきます。

 又、お口の中からだけでは分からない隠れた疾患や、埋伏している歯、親知らずの有無や状態などはレントゲンによる診査や咬み合わせを調べる為の模型をとります。この診査で大体おおまかな症状、治療方針が分かります。これも無料です。

これで大体の方針、治療費、治療期間の説明が可能です。

それによって矯正の診断というものをしていくのですが、この「矯正診断料」も無料です。これは最終的にどういう器具で、抜歯が必要なのか、治療期間はどのくらいなのかを調べる「設計図」のようなものと思って下さい。

この「設計図」が重要で、抜歯とか非抜歯とかを判定します。これから矯正するか、断念するかを決めてもらっても構いません。

よくよくお考えの上決めてください。

月々の調整料、再診料も無料です。

白いワイヤーをご希望の方は通常やや高くなるのですが、飯嶋歯科医院は無料です。

最後に器具を外した後、後戻り防止の装置を入れるようになります。これは裏から止める場合や取り外し式の入れ歯のようなものやマウスピースのようなものがありますが、すべて費用に入っています。

飯嶋歯科医院では年間100人の矯正治療をやっているので、他院より安くできるのです。

 

本庄市の矯正歯科・歯並び治療は飯嶋歯科医院です

歯科・歯医者・歯科医は本庄市の飯嶋歯科医院です

平成22年11月12日(金曜日)

日本歯科新聞に掲載されました②

先日の明海大学歯学部同窓会

会長表彰の新聞記事です。

日本歯科新聞に掲載されました

全国の歯科医師の中から憧れの日本歯科新聞に掲載される名誉なことですがとても恐縮しています。

 

本庄市の矯正歯科・歯科・歯医者なら

飯嶋歯科医院です。

平成22年11月5日(金曜日)

日本歯科新聞に掲載されました!

歯科界唯一の業界新聞「日本歯科新聞」10月19日号に先日の東京フォーラムでの明海大学歯学部同窓会の私の顕彰式のことが掲載されました。

日本歯科新聞に掲載されることは本当に名誉なことでとても光栄です。

長年見ていますが、明海大学関連の記事では初めての掲載だと思います。

全国版の歯科医師に見られてはちょっと恥ずかしい気分です。

日本歯科新聞社さん本当に有り難うございました。

平成22年10月29日(金曜日

感謝の手紙

私のホームページやブログを読んで読者から頂く感謝の手紙です。

このような手紙をもらうからこそ、ブログを書いているのです。

square10.gif

飯嶋 先生

お世話さまでございます。
お忙しい中、度々ご丁寧なメールを賜りまして、お礼の申し上げようもございません。紹介していただいた「○○デンタル クリニック」に早速予約しました。

来週、○○先生に診察していただきます。ご心配くださいましてありがとうございます。とにかく診察結果から、今後の治療方針や費用面などをお尋ねしたいと思います。

本当に一日も早く、歯の悩みから開放されたいです!
幸運を祈りつつ、完治するまで頑張ります。
飯嶋先生のブログを拝見していて、私もダイエットを始めることにしました。1ヵ月1キロ減で、来年夏までにマイナス5~7キロ減が目標です。

飯嶋先生、どうかダイエットを頑張ってくださいませ。
私も飯嶋先生の理想の人生を目指し、挫けることなく夢を実現したいと思います。
先生から大いなる勇気をいただきました。
心から尊敬と祝福をこめて

感謝でいっぱいです!
東京都 T M

 

平成22年10月22日(金曜日)

明海大学歯学部同窓会顕彰式

平成22年10月3日(日曜日)

東京国際フォーラムにて明海大学歯学部同窓会顕彰式が行われました。

同窓会初の褒章受章により、熊倉学明海大学歯学部同窓会会長から顕彰状が授与されました。

全国から約100人の代議員が参加して祝福していただきました。
私一人のためにお集まり頂き、有り難うございました。

17期の私が同窓会から名誉ある顕彰状を頂き、感無量でした。

明海大学歯学部同窓会顕彰式

●左が熊倉学明海大学歯学部同窓会会長 ●式典会場の東京国際フォーラム。

平成22年10月15日(金曜日)

モダンエッジワイズ研修会高等科の卒業

9月に亀戸モダンエッジワイズ研修会高等科を無事卒業しました。

飯嶋歯科医院が矯正歯科でダントツに他をリードしているのは恩師の浅野正一先生のお陰です。

飯嶋歯科医院の矯正歯科部門の顧問をいていただき、毎回すばらしいグッドアイデアを頂いています。

10月からはさらに「秘伝の奥義」をマスターするために、先生から勉強を続けるように 言われました。

引き続き浅野正一先生には顧問としてご指導よろしくお願いいたします。

平成22年10月8日(金曜日)

モダンエッジワイズ研修会高等科の卒業

右が浅野正一先生

秘伝の奥義を惜しむことな伝授していただき感謝しています。

禁煙にするために・・・

10月からたばこが大幅に値上げされるそうです。

この際、健康のためにも禁煙されては如何でしょうか。

もちろん歯周病やヤニなど歯の汚れにも悪影響があり、審美的にも損です。

対策としてカートンで大量に買っている喫煙家がいるそうですが、止めといたほうが良いと思います。

なぜなら、タバコも生鮮食料品みたいなところがあり、時間が経つと風味が落ちて不味くなるのです。

不味いタバコは吸えたものではありません。

ニコチンが脳に影響して、禁煙を阻止しているのです。

しかし止めようという意志があれば必ず禁煙に成功します。

先ず、「飯嶋歯科医院」のクリーニングで歯を綺麗にしては如何でしょうか?

当院の最先端のクリーニングテクニックでスッキリと綺麗にします。

綺麗になったら、タバコのヤニで汚したくないという気持ちになりますよ。

食べ物も美味しくなり、歯も健康になる禁煙を「飯嶋歯科医院」は応援します。

←当院の審美治療はこちらへ

平成22年10月1日(金曜日)

週刊新潮がいよいよ発売です

週刊新潮がいよいよ発売お知らせ

9月30日(木曜日)発売の週刊新潮10月7日号に院長の記事が掲載されます。

取材内容は具体的にわからないので不安です。

全国都道府県に85万部発行という、超人気の週刊誌です。

一生に一度の掲載です!

大きな反響が予想されます。

本屋さんでぜひご覧下さい。

 

 

平成22年9月24日(金曜日)

親知らずについて

「親知らず」は痛みがないのに抜歯を勧められることが多い。

はえ方によっては、将来トラブルになる可能性が高いからだ。

まったくはえてこない人もいれば、上下左右に4本はえる人もいるそうで、「その理由は謎」らしい。

現代人はあごが小さいこともあり、親知らずがはえる十分なスペースがなく、横向き斜めにはえることが多い。親知らずが歯肉からちょっとだけ頭を出している状態(半埋伏<はんまいふく>歯)や、完全に埋まってしまっている状態(完全埋伏歯)も多い。歯として機能せず、マイナス面が大きい場合は抜歯をすすめます。

将来考えられるトラブルとは?

一番奥という場所柄、汚れがたまりやすく、しばしば周囲に炎症を起こします。手前の歯(第2大臼歯)が磨きにくくなることもあって、虫歯になりやすくなる。横向きにはえてくると、歯並びを悪くしたり、あごの痛みを引き起こしたりする可能性もある。

基本的に抜歯は日帰り手術です。

あごの骨の中を通る神経を手術の際に傷つけないよう、エックス線で確認する。そのうえで、麻酔して抜歯する。手術時間は難易度にもよるが、30分~1時間程度だ。歯根部が神経を包んでいたり、曲がっていたりするなど難しい位置にあれば、大学病院などがいいです。

術後は、口の中を清潔にし、休養をしっかりとることが大事だ。鎮痛剤や抗生剤が処方され、痛みや腫れは1週間から10日ほどで治る。ごくまれに、鎮痛剤を飲んでも痛みがとれない場合がある。抜歯で空洞になった部分にたまるはずの血餅(けっぺい)がとれて骨が露出する「ドライソケット」になる可能性もあります。

親知らずは若いうちに処置をした方がよいのです。

年齢が増すと、歯と骨が癒着して手術が難航するのです。

矯正歯科で15歳未の親知らずの芽をとってしまう「歯胚(しはい)除去」という治療法もあるが、保険診療にならない場合が多い。

平成22年9月17日(金曜日)

冷たいもので歯がしみる

冷たいもので歯に痛があるときは誰でも虫歯を疑いますが、虫歯以外にも原因があることがあります。

歯ブラシで磨きすぎて、歯が磨り減っている場合があります。実際くさび状に歯の根元部分がなくなっているのです。結局虫歯と同じようなことが起こっているわけです。

くさび状の欠損はひどい場合は神経の近くまで進んでいる場合もあります。最悪歯髄炎を起こしてしまうと歯の神経を取らないといけません。

歯軋りや、咬み合わせの悪さのために歯が磨り減る場合も、冷たいもので歯に痛があります。

これは歯が減っているのが自覚しやすいですので、原因は本人も分かっています。

重要なのが歯周病による冷痛です。磨耗も咬耗もしていない歯がしみるのです。

これは歯の根が歯周病によって露出しているのです。

一見露出していないように見えても、レントゲンで診ると歯の周りの骨が下がっています。

これにより冷たいものが歯の根の部分に直接刺激され、痛みが発生します。それぞれに正しいブラッシングが必要ですのでご相談下さい。

平成22年9月10日(金曜日)

週刊新潮の取材を受けて

週刊新潮の取材9月1日(水曜日)に85万部の発行を誇る、週刊新潮の取材を受けました。

ずばりタイトルは歯科特集「地域の名医」です。タイトルが照れるので、お断りしました。しかし、2度とない取材のチャンスと言われ、しぶしぶ引き受けました。

ある出版社の紹介だそうです。

記者さん2人で高崎線を利用して、本庄駅まで来て、当院まで徒歩できました。

取材時間は1時間ですが、様々な角度から質疑応答のインタビューでした。

9月30日号に1ページ掲載されるそうです。

歯科で1ページ全部は初めてだそうです。

以下は取材記者からのお礼のメールです。

 

週刊新潮で過去に1ページはほとんど事例がなく、歯科医師ではたぶん初となると思います。
お話の内容が大変素晴らしいものであったため、誌面を立派なものと仕上がるよう努力していきたいと思います。
先生のお話の「二本立て」そして「努力」については本当に感銘を受けました。
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

 

暑い中お越し頂き、本当に有り難うございました。
興味のある方はぜひ購入されてください。

平成22年9月3日(金曜日)

青山健一先生の矯正アドバンスコースを終えて

この度、青山健一先生の主催する本格矯正コースが終了しました。

他の矯正歯科セミナーと違うところは「歯を抜かないで治すテクニック」です。

中心はMEAWです。私自身MEAWは本を買って勉強したり、MEAWをやっている先生に聞いたりしても全然ちんぷんかんぷんでした。

さらに3回コースなので、3回くらいで本当に習得できるか心配していました。

実際に受講して通常のMEAWの佐藤貞雄先生や白数先生と違い厄介なセファロ分析や咬合分析さらに高価な咬合器を必要しません。

MEAWというより青山式MEAWテクニックです。複雑なワイヤーベンディングも簡単でした。

講義も繰り返し重要なことを教えていただき、3回目にはMEAWの本が読破できるくらいに実力がついてきたのには驚いています。

MEAWは本だけ買っても理解できません。どうしてもわかりやすく教えてくれる先生(師匠)が必要です。

実習もマンツーマンで教えていただき感謝しています。

3名と少人数なので、とても効果的でアットホームな雰囲気で勉強できました。

なんといっても憧れの青山健一先生の診療所で勉強できたことが幸せでした。

お昼は毎回近くの有名な周富徳さんの経営するレストランでした。もちろん青山健一先生のおごりです。青山先生は太っ腹です。

機会があれば妻を連れて行ってあげたいと思います。

また、矯正歯科以外にも、ホームページやその他の集客ノウハウも教えていただき大収穫でした。

青山健一先生と青山健一先生の著書「抜かずに治す歯並び」という本は矯正医ならだれでも、気にしている本だと思います。しかし、青山健一先生と交流がないので残念ながら教えていただけないのが現実です。

今回光栄にも秘伝の技を惜しみなく教えていただきました。私の矯正歯科の知識と技術が大きく増えました。

私も一部の人しかやっていない、非抜歯矯正の仲間入りができました。ついに私も「非抜歯矯正」の免許皆伝です。

青山健一先生には心から感謝申し上げます。

平成22年8月27日(金曜日)

メタボ歯科医師の夏の戦い

私のダイエット法について問い合わせがありました。

私はスポーツクラブに行く時間がありません。

運動以外にもしたい仕事があるので、仕事の後にスポーツクラブに出かけられません。出かけると、それ以外の仕事はストップという状態になります。

その代りに自宅でランニングマシーンをするということにしました。

自宅にいながらも運動を気軽にできるものはないかと探した結果、このウォーキングマシーンを”ニッセン”の中に見つけることができました。

部屋のスペースをだいぶ必要とするランニングマシーンを購入することについて家族の反対に遭いました。

毎日40分ですが健康維持という面では、これからの私の生活には意外と合うのでは?と思えるようになりました。

以前は食べたいだけ食べ、運動もやりたいときだけ行うというスタイルを続けてきました。

一つ分かったことがあります。

食べるのは一瞬ですが、その摂取カロリーを消費するのは簡単ではないということです。


となると、食事療法でカロリーを制限し、食事療法も大切ですね。

メタボ歯科医師の自分自身との戦いはまだまだ続きます。

6月から3ヶ月やっています。

毎月2キロですでに6キロのダイエットに成功しています。

12月末までに10キロを目標にしていますが、達成しそうです。

平成22年8月20日(金曜日)

お知らせ

ブログはお盆休みなので今週はお休みです。

次回をお楽しみ下さい。

平成22年8月13日(金曜日)

日本人の8割が危険!睡眠時無呼吸症

最近の研究では、睡眠時無呼吸症が、糖尿病や高血圧、
脳卒中や心臓病などの重い病気まで引き起こすことが明らかになってきたそうです。

睡眠時無呼吸症は、舌の根元がのどに落ち込んで気道をふさぐために起こります。太った人がかかると思われがちでした。

日本人を対象にした調査では、43%の方が肥満ではなかったそうです。

では、なぜ睡眠時無呼吸症になるのかというと、顎が小さいからだそうです

顎に対して舌が大きくてふさぎやすくなるのです。

欧米の人に比べ日本人はあごが小さい人が多く、8割が「小さいあご」に当てはまるそうです。

歯並びが悪い人も、小さい顎の可能性があります。

歯並びと顎の状態によりますが、歯列矯正治療で顎を広げたり、舌側に傾いたり飛び出した歯をきれいに整えることで、舌の器を大きくして、睡眠時無呼吸症になりにくくする効果が期待できます。

これからは可能な限り非抜歯で舌の部屋をひろげる矯正治療を行い舌の訓練も指導も大切です。

歯列矯正が、虫歯・歯周病予防だけでなく、糖尿病や高血圧、脳卒中や心臓病などの重い病気の予防にもつながるということになるのですね。

平成22年8月6日(金曜日)

ホワイトニングの希望者が増加しています!

歯を白くしたいというホワイトニング希望の方が増えています。

夏は出会いの季節、白い輝く歯でイメージチェンジを図るのもよいと思います。

アメリカ審美歯科学会が行った調査によると、良い笑顔の一番の決め手は目や眉ではありません。

一番の決め手は口元でした。

それも歯の色です。

そして、審査員に歯を出して笑っている人々の顔写真を、歯を白く前と後の二通りで見せて印象度を評価してもらいました。

するとホワイトニングをした後のほうが魅力度も好感度は超然アップしたそうです。

ホワイトニングをすると健康度もアップして見られ、そして異性からの好感度までアップするのです。

一石二鳥でなく一石三鳥ですね。

私の家内からも歯のホワイトニングを頼まれています。

このように、歯が白くなっただけでも相手があなたに対して持つ印象が良くなるのですから、ぜひ白く輝く歯を手に入れたいものですね。

平成22年7月30日(金曜日)

ある本の中で気になる記事を発見!

「スーパーモデルのスタイルの秘密は水を良く飲む」というダイエット法を本で紹介したそうです。

アル女性が自分もあやかりたいと真似して、一日6リットル以上の水を飲んだそうです。


この20代女性は、水の飲みすぎによる唾液腺の働きが悪くなりました。

逆に口の中の乾燥を招いたそうです。

一般に水を飲むことは良いこととされています。

さすがに一日に6リットルもの水を飲むことは体に良くなかったようです。

それにしても、6リットルもの水を飲み続けるこの女性の”美”への執念も、ものすごいものだと感じました。

ダイエットもそうです。

テレビで朝腹いっぱい食べて、夜少なくすればやせると報道していました。

これも個人差がありすぎます。

腹8文目で運動しないでやせる方法はありません。

睡眠ダイエットもありますが、せいぜい数キロ減です。

やはり筋肉をつけないとダメなのです。

あなたに合ったダイエット法が一番ですね。

平成22年7月23日(金曜日)

肥満と麻薬中毒に同じ脳変化?

高カロリー食を食べ続けてしまう肥満の人の脳が、何と麻薬中毒患者と共通した変化が起きている可能性が高いということが分かったそうです。

おいしいもの=高カロリーであることも少なくありません。

一生懸命仕事を頑張ってしまうと、ますますおいしいと感じるもの(高カロリー食)を食べたくなると感じると思います。

みなさんもそうだと思います。

しかも、それには麻薬並みの中毒性があるということには本当に驚かされました。

ダイエットが容易ではない理由の一端を握っているデータなのではないかと思いました。

私はジョギングで7月までのノルマ3キロダイエットを達成しました。

5時に夕食を食べたら、翌朝まで水以外たべていません。

12月末までにあと5キロ減に挑戦です。

応援よろしくお願いいたします。

平成22年7月16日(金曜日)

キシリトールの過大な期待に対する警鐘?

赤ちゃんの虫歯予防に効果あり、妊婦にキシリトール?

妊娠中から出産後にかけて、虫歯菌(ミュータンス菌)や歯垢(しこう)を減らす作用がある天然甘味料「キシリトール」を摂取すると、 産まれてくる子どもの虫歯菌感染が抑えられることを、 岡山大大学院の仲井雪絵助手(歯科医師)らが突き止めた。

虫歯菌の感染が遅いほど、虫歯になりにくくなるとされており、母親の心がけが、子どもの虫歯予防につながることを実証した研究成果として注目される。

虫歯は、虫歯菌が砂糖などを分解する際にできる酸が歯を溶かすために起こるが、キシリトールを摂取すると、酸が生成されないうえ、虫歯菌を、歯からはがれやすい善玉菌に置きかえる作用が確認されている。
(読売新聞から抜粋)

という、ぱっと見ると、『キシリトールはすごく良いものだったんだ!』と思わせる書き方ですが、いいことしか書いてありませんから勘違いしないよう気をつけてください。

まずは「虫歯菌」は「ミュータンス菌」だけではなく、いろいろな菌が虫歯の原因となります。

虫歯は、結核やコレラのように、特定の菌に感染して起こるのではなく、常在菌によります。つまり生活習慣病のようなものです。

そして、キシリトールが効くのは、ミュータンス菌に対してのみです。

ですからキシリトールでミュータンス菌がいない口になっても、その口は虫歯にならない口ではありません。
誤解しやすいですね。

キシリトールに虫歯菌を殺すような働きはありません。

イメージは、”元気なくさせるぐらい”です。

母親のミュータンス菌が赤ちゃんの口に一部移動したとして、 そこがミュータンス菌の生育に適した環境でなければ定着しません。

一時的に菌が口からうつっても、もともとの口腔内細菌に阻まれる場合もあります。

キシリトールは、それ自体は虫歯の原因にならず、また虫歯菌への抑制効果もありますが、だからといって過信しすぎないようにしてください。
虫歯予防の基本はきちんとしたおやつを含めた食習慣と歯磨きです。

それができた上でキシリトールを応用すると良いでしょう。

さらに、お母さんのお口をきれいにいい状態で保つことは、お母さん本人・赤ちゃん双方にとって大切です。

平成22年7月9日(金曜日)

自宅で有酸素運動!

先生は毎日仕事をしていて疲れませんか?は患者さんや歯科仲間から嫌というほど聞かれる質問です。

一番嫌いな質問です。

人の心配より自分の心配でもすればいいのにと心の中で思っています。

でも私が自信を持って毎日頑張れるのは理由があります。

その一つが、ウォーキングマシーンです。

ニッセンのカタログを見て3万8千円で買いました。

いつも通販は買うだけで、やらないのが常です。

でもこれは重宝しています。

毎日、40分間ですが、毎月1キロは減量に成功します。

コツがあって絶対に運動後は朝までせんべい1枚食べてはいけません。

1枚食べたら苦労も水の泡です。

私の夕食は5時なので5時から翌日の朝8時までは水しか飲めません。

その分、朝食が美味しいですね。

脈拍、消費カロリー、走行距離等が表示され、スポーツクラブでの有酸素運動が自宅で行うことが可能となります。

毎日40分(4キロ400キロカロリー消費に相当)の運動です。

9時の診療後に音楽を聞きながらやっています。

夜のルームランナーは毎日の日課となっています。

早く細身の標準体型のスーツが着られるように頑張りたいです。

<目標>

12月までに5キロ減量
来年の7月までに、さらに5キロ減量
つまり1年で10キロ減量プログラムです。

挫折しないように、皆様の応援よろしくお願いいたします。

平成22年7月2日(金曜日)

信頼される歯科医師!

他の歯医者で無症状の歯の神経を抜かれた!と不満を漏らす患者さんがおりました。

これについては、以下のような理由があるので、ご理解ください。

虫歯による痛みの感受性は人により大きく異なり、小さな虫歯でも歯医者に飛んでくる患者さんもいます。

それとは逆に「これ、本当に痛くないですか?」とこちらが聞きたくなるくらい大きな虫歯でも無症状である患者さんも少なくないのです。

したがって、虫歯が無症状でも歯医者が神経まで炎症が波及していると判断すれば、神経の治療に取り掛かることとなります。

そもそも歯医者と患者さんとのコミュニケーションが不足したことが原因し、先の「何ともない歯なのに、神経を抜かれた!」という話になったのではないでしょうか?

ただ、患者さんサイドからすれば、自分の目で直接見えないものを虫歯と言われても信用できない!ということなのでしょうね。

理解できないこともないですが・・・・。

患者さんによっては、信頼関係を構築するのも歯医者もかなりの説明努力が要求される時代なのかもしれません。

私のやり方は患者さんが現在痛くなければ、無理してまで治療をしないことにしています。

なので、患者さんとトラブルになったこともありません。

平成22年6月25日(金曜日)

抜くのと削るのでは大違い!

矯正の相談で、抜かないと出っ歯になりませんか?という質問が結構多いですね。出っ歯というのは歯の軸が外側に傾斜しているものです。

矯正すれば真っ直ぐとなり綺麗に治ります。

歯の幅というのもあり、大きい歯の人や小さい歯の人もいます。それをすべて同じ基準で考えるのもおかしいのです。

歯の幅が全体的に大きければ、歯列のアーチも大きくなるのです。

しかしそれが出っ歯だとは限らないのです。少し歯の幅を削ればキレイに並ぶ場合がほとんどです。

しかし、説明する時に抜くと言った時は無反応の人が多いのに対して、削ると言ったら「削って大丈夫なのか?」などと不安がる患者さんが多いのにはビックリします。

削って不安がるのだったら、抜けばどうなるのかを知ってもらいたいと思います。

削るといってもわずかであり、ほんの0.5ミリ程度なのです。それもほんの数か所程度の微々たるものです。

抜けば歯は無くなるのであり、一生使える歯が、虫歯でもないのに消えてしまうのです。


抜けば取り返しがつかないのであり、歯の周りの骨も消失してしまうのです。歯科医としてこんな残念なことはありません。

年を取って、歯が少なくなり、インプラントをするような場合に、悔やんでも悔やみきれないのでしょうか?

出っ歯になるなどという都市伝説のような認識が広がっているのも、一部の歯を大切に思わない抜歯矯正医が多いためではないでしょうか。

平成22年6月18日(金曜日)

こんな歯医者さん見たことない、しかしそこには・・・・・。

5月30日、私どものクライアント様、本庄市の飯嶋歯科医院の飯嶋倖央院長の結婚披露宴と紺綬褒章受賞記念祝賀会にお招きを受け参列してまいりました。

ピーアイピーでは、F・Nの担当で通常は、ほとんどメールでのやり取りということで、私自身お会いしたことが有りませんでした。

ただ、担当F・Nが言うには趣味が寄付で、JR本庄早稲田駅建設寄付募金に1000万円以上寄付したリ、ほかにも多額な寄付をしていて、風変わりな方だというのです。
確かに結婚式と祝賀会同時というのも初めてだし、楽しみにして出かけました。

祝賀会はたくさんのお客さまで、日本医学会会長、自治医科大学学長さまや、地元本庄市長はじめ政治家の皆様等、華やかな顔ぶれでした。
4時開始10時30分お開きでしたので、何と6時間30分のお祝いの会でした。
よって、飯嶋先生の人となりを理解できた感じです。

主な寄付金先

・厚生労働省管轄の財団法人難病医学研究財団
・埼玉県シラコバト長寿福祉基金
・埼玉県文化振興基金
・埼玉県緑のトラスト基金
・上越新幹線本庄早稲田駅建設募金その他多数

しかし、私が感銘をうけたのは、365日年中無休夜9時まで診療。
歯科衛生士もおかず歯科技工士も頼まず自分でやる。
旅行もいかず遊ぶことをせず患者第一で残りを社会貢献、寄付行為に回している。
おそれいります!
学生時代の先輩で同業の歯科医院をされているという方が言っておりました。
歯医者だってそんなに儲かりませんョ 自分に厳しく目標意識が非常に高い人!
真似をしたことがありますが挫折したと・・・

最後にご本人からごあいさつがありました。

私は開業した時知人がおりませんでしたし、寄付をすると多額になればなるほど賞状を、いただいたり新聞に取り上げられたりして、有名になり勝手に宣伝になっていいことずくめです。私のようなものが日本医学会会長の高久先生に来ていただけるのも難病医学の会への助成をしているからです。今後も続けていこうとおもっております。

なるほど…確かにすごいインパクトのある宣伝だし、喜んでくれるし、いいことづくしだ。
社会奉仕の会だなんていうことでロータリークラブに入っている自分は何なのだろう?

それぞれのやりやすい手法で自分を、自社をブランド化表現しましょう!
飯嶋先生の益々のご隆盛とかわいい奥様と末長くお幸せにどうぞ・・・・・・

平成22年6月11日(金曜日)


ピーアイピー代表取締役  植竹知子社長のブログより抜粋

今日は虫歯の日です!

虫歯の日なので歯ブラシについて一言です。

歯ブラシを歯と歯の境目に45度または直角に当てて、軽く小きざみに動かします。
ゴシゴシこするのは歯や歯ぐきを傷めるだけではあまり効果がありません。
 

ポイント

軽い力で磨きましょう

力を入れすぎると磨いているつもりでも実は磨けていません。
毛先が開いてしまって、歯と歯ぐきの境目に当らないからです。

前歯編
前歯の外側を磨くときは、歯ブラシを鉛筆のように持って歯と歯ぐきの境目に毛先を当て、軽く左右に動かします。

前歯のすき間は歯ブラシを立てて磨きます。

上下の前歯の内側は、歯ブラシを縦に構えて、磨きます。

磨き残しに注意して!

下の前歯は、歯ブラシの後部分で磨くやり方もあります。

奥歯編
奥歯の外側は歯ブラシを横にして、また内側は斜めに入れて磨きます。
奥歯の最後端も歯垢がたまりやすい所。歯ブラシの中央部の毛を当てて磨きましょう。

前歯や奥歯のくぼみを磨くことも大切ですが、歯周病予防のために歯ぐきのまわりをきちんと磨きましょう。

定期検診

どんなにしっかり磨いてもすべての歯垢をとることはできません。歯と歯ぐきの状態や、 目的に応じて適した磨き方も異なってきますので、ブラッシング指導や定期検診を受けチェックしましょう。

どんな歯科治療であってもブラッシングは大切です。歯を永く保つためにもテクニックを身につけ、自分のものとしてください。

また、矯正治療中とかインプラント施術後のブラッシングは特別な方法がありますのでご相談ください。

平成22年6月4日(金曜日)

お知らせ

飯嶋倖央の紺綬褒章受章記念祝賀会を5月30日(日曜日)に埼玉グランドホテル本庄にて4時から開催します。
その用意のため恐れ入りますが、ブログは21日と28日はお休みさせていただきます。
ご理解とご協力賜りますようお願い申し上げます。

飯嶋倖央

平成22年5月28日(金曜日)

大口塾を紹介しょう12!

20100514a謝恩会も終わり、武本雅彦先生の閉会の音頭でいよいよ大口塾もフィナーレです。

みなさん6ヶ月にわたりお疲れ様でした。

別れを惜しみながら、再会を約束し涙ながらに塾生達は今生の別れにならないように握手をかわしました。

ここで忘れてはいけないのはスタッフへの感謝です。

スタッフは9時に塾生の使用する豚実習の練習のために真冬の5時起きでから冷凍豚を解凍していただきました。さらに、塾生が不自由しないようにプリントやスライド準備に真夜中まで作業をしていただきました。

 

栃木の内木先生から大口塾を企画しているメディカル・エイペックスの3人のスタッフに対して慰労会をしてあげたいと提案がありました。今度はスタッフが主役です。

 

場所はインターコンチネンタルホテル36Fのマンハッタン・ラウンジです。

高級ホテルの高層階からの眺望と、N.Y.感覚でスタイリッシュな空間なラウンジでした。夜は都会のナイトビューを眺められます。

深夜1時までみんなでバータイムを楽しみました。

今度私の家内を連れて行きたいと思いました。

メディカル・エイペックスの3人のスタッフのみなさん本当にお疲れ様でした。

塾生が心地よく勉強できたのも皆さんのお陰です。本当に有り難うございました。

大口塾 大口塾
写真中央で
社長のような貫禄の人が古田さんです。
Vサインをしている人が内木先生です。
いろいろお世話になり有り難うございました。
最後に私を囲んで記念写真です。
とてもよくしていただき、感謝しております。
みなさんお元気でお暮らし下さい。

平成22年5月14日(金曜日)

大口塾を紹介しよう11!

ANAインターコンチネンタルホテル3Fにある、中華料理の名店「花梨」(かりん)いよいよ大口アカデミーは卒業式も無事に終わりました。

その後は大口塾塾生のために卒業パーティーを催していただきました。場所は

ANAインターコンチネンタルホテル3Fにある、中華料理の名店「花梨」(かりん)です。

私も一度は行きたいと思っていたところなので、奇遇でした。

ここで7名の卒業生と恩師の鈴木光雄先生と武本雅彦先生そして小泉元先生を囲んで慰労会をかねて、祝宴です。

恩師の先生方も卒業生の今後を気にしていただき、いろいろ今後勝ち組に残れる秘伝の方法を教えていただきました。

これからもウイン・ウインの精神で1期生はお互い切磋琢磨していきたいです。

とても美味しい料理をご馳走していただいた、大口アカデミーのスタッフに感謝です。

美味しい料理の数々に珠玉の贅沢を味わいました。

中華料理の名店「花梨」(かりん)中華料理の名店「花梨」(かりん)

卒業パーティー

いよいよ待ちに待った謝恩会です。
会場を貸切で飲み放題・食べ放題です。
勉強することに年齢は関係なし、塾生で最長老の岡山県歯科医師会幹部西崎先生による乾杯の音頭です。

平成22年5月7日(金曜日)

大口塾を紹介しよう10!

いよいよ今回は大口塾の卒業パーティーの紹介です。

この卒業式の報告ができ、嬉しく思います。

場所は一流ホテルで有名なANAインターコンチネンタルホテルにて卒業式典が行われました。来賓として武本雅彦先生も同席していただきました。武本雅彦先生の面倒見のよさには恐縮してしまいます。

大口塾長もこの日のために、名古屋から駆けつけてくれました。

大口塾長や師範の鈴木光雄先生および第一回卒業生はアカデミックマントに角帽を身につけ、厳粛に卒業式がおこなわれました。私の知る限りではこのような本格的な格好でやる、歯科の卒後教育機関は他にはありません。

鈴木光雄先生曰く、今後の大口塾の卒業式は毎年アカデミックマントに角帽を慣例にするそうです。

最後に大口弘塾長が一人一人に「国際審美学会公認インプラントスペシャリスト認定医」の認定証を授与されました。

実習はハードで、私も途中で何回もやめようと思いましたが、認定証や卒業式に参加できて、あのときの苦労も忘れてしまいそうです。

このような、アメリカの大学の卒業式のような、あこがれのアカデミックマントに角帽を用意していただいた大口塾のスタッフの方々にこころからお礼申し上げます。

image-iijima0717

大口塾の卒業式です。アカデミックマントに角帽は憧れでした。

大口塾長先生

大口塾長先生から
「飯嶋君ならきっと地域一番になれる!」と激励されました。先生の期待にこたえられるように、頑張ります。

大口塾一期生の皆さん

大口塾一期生の皆さんです(後席)。
前席は先生方。
とても、個性がありすばらしい仲間でした。
この仲間は一生の財産です。皆さんのご活躍をお祈りしまたお会いしましょう。

平成22年4月23日(金曜日)

大口塾を紹介しよう9!

大口塾のカリキュラムもいよいよ最終回です。

今回は大口博塾長の特別講義です。今回は塾長の講義のため、ANAインターコンチネンタルホテルの会議室に移動です。

高級な会議室で、まるで重役になったように居心地が素敵です。ホテルのウエイトレスがコーヒーを出していただき、気分は最高でした。

いよいよ本題です。

<大口塾塾長の講演内容>

  1. 1秘伝の大口式インプラントのコツ
  2. 世界最高の滅菌システムとオペ室
  3. 最新の予約システム
  4. スタッフミーティングの大切さ

 

1.秘伝の大口式インプラントのコツ

大口先生が症例をスライドにて説明されました。
そして、症例紹介に於ける超狭窄骨へのアプローチの巧みな技は神業です。
通常スリッターを近遠心に入れオーギュメータで拡大していくと、私などは太い番手のところで頬側骨板を縦に裂開させてしまうことが間々ある。

しかし、大口塾長の手にかかると、決して骨折させないのです。
秘伝として左手を薄い頬側骨板に添えて、裂開を防止しているそうです。

 

2.世界最高の滅菌システム

日本のオートクレーブでは完全な滅菌は不可能だそうです。
世界レベルでの滅菌システムを取り入れており、これこそが本来有るべき環境なのだとつくづく思い知らされました。

手術環境を整備することは、患者さんの為でもあるが、術者自身の身の保全に繋がるのです。大口歯科はオペ室にもこだわり、恐らく日本随一のインプラントオペ室だと思います。

 

3.最新の予約システム

患者さんへのカウンセリングの秘伝のノウハウは役に立ちました。
「アポイント」は「予約」という意味では無く、「約束」を意味し、相互の信頼関係の下で成り立つというお話も有意義でした。

 

4.スタッフミーティングの大切さ

スタッフとの毎朝に於けるミーティングを通して、自身の理念を伝え共有することで、クリニックを発展させて行かねばならないという話には今すぐ見習うできであると思いました。
患者さんを大事にし、スタッフを大切に扱うことは、最後は自分自身を洗練して行くそうです。

 

何もかも卓越した大口フィロソフィーでした。

人間として、すばらしくどの歯科医師よりも秀でている。

やはり大口式インプラントの開発者である。

インプラントを極めた方である。

技術にしても、その高さは最高レベルでした。

医療理念にしても完璧です。

大口塾長の医の心の高さに本当に感銘しました。
私は大口塾の塾生として参加できたことを一生の宝と思い生きていきます。

大口塾

通常では話さない
これからダントツの勝ち組に入るコツを熱心に話してくださいました。
この教えを胸に頑張る決意です。大口塾長有り難うございました。

平成22年4月16日(金曜日)

読売新聞地方版こだま300号記念パーティー②

アクシデントです。丸山眞司埼玉県議会議員が当日都合悪く、笠原勝編集長から議員の代役を私・飯嶋倖央にやってくれないかとその場で頼まれました。

いつも大変お世話になっている編集長のお願いなので断るわけにもいかず、ひとつ返事で承諾してしまいました。

編集長曰く「今日はおめでとうございます・お手を拝借・・よーシャシャシャン・・・・・」だけ言ってくれれば良いと言われましたが、実際はそんなに簡単ではなかったのです。

ライオンズクラブの会長の挨拶の次が私の番です。出席者もお酒が回り、がやがやしてきました。この調子でみんな人の話など聞いている暇はないなと思ったのです。続きまして、丸山県会議員が急用のため変更がございます。次のご挨拶の方の紹介をさせていただきます。会場もさらにざわざわしてきました。いよいよ始まりました。司会・・・上越新幹線本庄早稲田駅建設募金額個人第1位その功績により天皇陛下から紺綬褒章を受章された飯嶋歯科医院院長飯嶋倖央様です。ここで予想外の出来事です。酒が回りざわざわしていた会場がシーンと静まり、何と出席者全員が注目して聞いているのです。

話したらとまらない飯嶋節の炸裂です。しゃべるとどきどきもなくなっていました。

5分程度の話ですが、埼玉県知事の表敬訪問のエピソードなど笑いとユーモアーの話に会場も爆笑の渦でした。これがご縁で多くのVIPとお知り合いになり、私のデビュー戦となりました。

若輩者の私を引き立てていただいた、笠原勝編集長に感謝です。

読売新聞地方版こだま300号誠におめでとうございます。

竹並万吉埼玉県議会議員と吉田信解本庄市長と

予期せぬ挨拶

平成22年4月9日(金曜日)

読売新聞地方版こだま300号出版パーティー①

読売新聞地方版こだま300号出版パーティー2月27日(土曜日)午後6時から地元で最も有名なミニコミ誌である読売新聞地方版こだま300号出版パーティーが埼玉グランドホテル本庄で行われました。

300号になるには25年の歳月がかかったそうです。これだけ長く廃刊の危機を乗り越えて、続いていることはとてもすごいことです。

編集長は「こだま企画」の笠原勝さんです。私も「年中無休10年」を皮切りに、この5年で9回も新聞記事として掲載していただきました。内訳は社会貢献3回医療奉仕3回歯の話3回です。この記事のお陰で地元ではすっかり有名にしていただきました。笠原勝さんにはとても感謝しています。

今回出席者は120人でした。吉田信解本庄市市長・竹並万吉埼玉県議会議員(本庄市選出)・高橋福八本庄商工会議所会頭・教育長・ライオンズクラブ会長・ロータリークラブ会長・医師会長など本庄市の政財界トップが一同に集まりました。

私も来賓としてご招待していただき、感謝の言葉もありません。私にとって著名人とお近づきになる絶好のチャンスです。頑張って名刺を配りながら自己を売り込みました。

読売新聞地方版こだま300号出版パーティー

読売新聞地方版こだま300号出版パーティー

平成22年4月2日(金曜日)

大口塾を紹介しよう8!

インプラント界の常識を変えた風雲児・鈴木光雄先生の登場です。
解剖学・麻酔学・歯周病学・外科学・咬合学・エックス線学とリレーのようにカリキュラムにそって学んできました。

大口塾はインプラントのテクニックの養成期間ではなく 、歯科医療全般のレベルアップ養成期間なのです。

いよいよ今回は待ち望んでいた大口式インプラントのマスターコースです。

講師は師範代で日本顎咬合学会指導医の鈴木光雄先生講師は師範代で日本顎咬合学会指導医の鈴木光雄先生です。
鈴木光雄先生はアイデアマンで数多くの工夫をされています。
通常の大口インプラントのセミナーと違って、塾生がより安全に楽にマスターできるような講義内容になっています。

数年前に大口式インプラントのセミナーを受講経験のある私は、その復習のようなものかと思っていました。しかし、さすがに大口塾です。当時の術式と違って今回は進化した大口式インプラント法に改良されていました。

講義内容も、大口塾で基礎を学んだお陰で、とてもよく理解できました。

鈴木光雄先生の実習のデモもハンズオンで何度も大切なところを繰り返し説明され完全マスターできました。

【講義内容】

  1. ホスピタリティー
  2. 失敗しない大口式インプラント法のテクニック
  3. 改良型スリッターを使用した大口式インプラント法
  4. インプラントの偶発症と予防
  5. 今後のスキルアップの方法

 

トピックスとして鈴木光雄先生のホスピタリティーのお話は医療はサービス業であることを有名なリッツカールトンホテルの話に例えて、とてもわかりやすくお話されました。

今回は大口塾生徒のための、秘伝やコツなどいろいろ教えていただき感謝の言葉もありません。

今回私が悩んでいたたくさんの質問に講義中に回答していただき、心から感謝いたします。

平成22年3月26日(金曜日)

手に手をとってのハンズオンセミナーです。 写真右が第2回国際審美学会大会会長の鈴木光雄先生

手に手をとってのハンズオンセミナーです。
手取り足取り親切丁寧にわかるまで教えていただき感謝です。お陰さまで相当の腕前になりました。

写真右が第2回国際審美学会大会会長の鈴木光雄先生です。
今日から鈴木光雄先生の弟子として入門させていただきました。

秘伝やコツを内緒で塾生だけに教えていただきました。
塾生も大喜びでした。

大口塾を紹介しよう7!

今回はスタッフ教育プログラムです。

大口塾のカリキュラムに歯科衛生士さんのためのスタッフ教育プログラムがあります。

嬉しいことに歯科衛生士も同伴で聴講可能です。

招聘講師は鈴木光雄先生のクリニックで主任をされている岡部葉子先生の登場です。

大手オーラルケアーの専任講師も勤めている歯科衛生士界の伝説の人です。

歯科衛生士さんの講義は不要と思っている歯科医もいるでしょうが、正直私は岡部葉子先生の講義を楽しみにしていました。

実際に講義を聞いてみて、さすがに大口塾のカリキュラムはすごいと思いました。

講義内容は鈴木光雄先生のクリニックのスタッフの立場からのインプラントのメインテナンスの方法やオペ前の準備や後片付けなどです。

有能な歯科衛生士さんとは

① 歯科衛生士さんはエックス線も理解できます。

② 患者さんの模型を見てインプラントの難易度もわかります。

③ 患者さんへの治療方針も立てられます。

④ 治療の説明や方法も歯科衛生士さんがやれます。

⑤ インプラントオペの準備も効率よくできます。

⑥ インプラント中も効率よく作業ができます。

鈴木光雄先生のスタッフは①から⑥までマスターし、歯科医師と対等に話ができるそうです。何とすばらしい!これこそ私が求めている理想の歯科医院です。私は感銘を覚えました。

2時間の講演でしたがまるで3D映画のように、私たちが鈴木光雄先生のクリニックにて見学しているような講義内容に工夫してあり、飽きることなく充実した内容でした。

消毒方法もいろいろ工夫されてとても有意義でした。

鈴木光雄先生のスタッフ全員が明確な目標をもっていますので、仕事が楽しくい生き生きしている姿に塾生は感動しました。

今回大口塾塾生は自分のクリニックで即実践できる「おもてなしの心」を学びました。早速私も岡部葉子先生の言われた通りに実践し、日常臨床に役立てています。

今回の岡部葉子先生の講演は一生の宝で、永遠に忘れることはないと思います。

すばらしい歯科治療とは歯科医師&歯科衛生士&歯科技工士の連携チームワークができているクリニックです。

飯嶋歯科医院でも鈴木光雄先生のクリニックに少しで近づけるように朝のミーティングを欠かさずに頑張っています。

岡部葉子先生には心からお礼申し上げます。

講演に熱が入るオーラルケア講師の岡部葉子先生

講演に熱が入るオーラルケア講師の岡部葉子先生

笑いとユーモアたっぷりの講演内容に歯科医と歯科衛生士さんたちも拍手喝采でした。

平成22年3月19日(金曜日)

小児歯科の注意点!

歯の治療は誰でも嫌なものです。大人の方でも恐いのに小さなお子様が嫌がるのは当然です。
無理に押さえつけて治療をすればその子が大人になっても歯科医院に対する恐怖心はとれません。小さなお子様が歯科医院になじめ、恐がらずに治療ができるまで忍耐強く練習いたします。
また、フッ素塗布も致します。

 

■0~3歳までのお母さんへ

小さなお子様の歯は全部で20本生えてきます。
「どうせ大人の歯が生えてくるから、そんなに神経質になることはないんじゃないの?」…なんて思っていませんか?
また虫歯だけでなくしっかり噛む・のみ込むなどの口の機能を獲得する大事な時期です。


4~8歳までのお母さんへ

そろそろ大人の歯が生えてくる時期になります。この時に乳歯にむし歯があると、キレイに生え揃わないことがあります。
この時期に予防のために積極的な来院されることをおススメします。

キレイな歯はお子様の将来にとって必ずや大切な財産となります。

 

9~12歳までのお母さんへ

この時期には全ての永久歯(親しらずを除く)が生え揃っている状態になります。
一度でも治療した歯はやはり、天然の歯には見た目も噛む能力もかないません。

むし歯を長い間放置しておくと、口臭の原因、最悪の場合は抜くことになります。
歯は人間の能力の一つである自然治癒能力がありません。きびしい言い方をすれば、子供のむし歯は大人の責任ともいえます。キレイな歯と歯並びは、勉強や習い事と同等の一生涯に渡る最大の財産です。

お母さんご存知ですか!? 歯並びが悪くなる原因 ワースト5

  • 早く乳歯が抜けてしまった時
  • 乳歯がむし歯になってしまった時
  • 乳歯が抜けずに残ってしまった時
  • アゴが小さく発育した時
  • 歯並びを悪くするクセがある時

平成22年3月12日(金曜日)

体に優しいインプラント法

インプラントは万能ではありません。

すべての欠損症例にインプラントがベストの治療法とは限りません。
骨が薄いとか、インプラントを植える前に骨を増やす手術をしなくてはいけない場合などインプラントを植えるのに困難な症例などがあります。

この場合ブリッジ入れ歯で大丈夫な患者さんもいます。
インプラントを植えるのに難しい症例もあります。

大学病院レベルも当然あります。

上顎洞までの距離、下歯槽神経までの距離が分かれば難しい症例なのか簡単な症例なのかは一目瞭然です。
ホームページで難症例を開業医レベルが、とても簡単そうに説明しています。 難しいケースはインプラント以外の他にGBRなど人工骨剤などを補填しなければいけません。

時間も費用もかかります。
飯嶋歯科医院のインプラントは手術の方法が簡単です。

・切開し、歯肉を剥離することがありません。

・縫合することもありません。

・翌日も腫れません。

シンプルな考え方で、シンプルな方法でインプラントを植えます。術後が楽なのです。

それでも通常のほとんどの症例は大丈夫です。

大抵の場合インプラントは上顎洞まで2~3ミリ、下歯槽神経まで6ミリ以上あれば、大概は植えられます。

ただし、上顎洞に近い場合はソケットリフトという術式を併用する場合もあります。

来週の大口塾では最新の大口式ソケットリフトを習得してきます。

当院の飯嶋式インプラント法を完成させるまでに、私は多くの諸先生に習いました。

非切開・非縫合法の研究で忘れてはいけない先生は福井の小笠原先生です。
非切開・非縫合この道一筋50年です。
実際に福井の小笠原歯科にていろいろと教えてもらいました。
非切開・非縫合のインプラントこそ切開・縫合のインプラントを勉強しないとできないのです。

さらに解剖学や歯周外科・エックス線・咬合学・麻酔学も知らないとできません。

今でも心配なときは、すぐに小笠原先生に相談しています。

困ったときに相談できる師匠を持てることは患者さんにとっても幸せなことなのです。

平成22年3月5日(金曜日)

非切開・非剥離インプラント!

切開して剥離し、骨を大きく露出させてドリルで穴を開けるーこれが一般的なインプラントの手術法です。

骨は本来、空気にふれない骨膜に包まれています。その骨膜もろとも剥離するわけですから、手術が大袈裟になり、出血も多くなり、身体が受けるダメージも大きくなります。

インプラントは普通4ミリ位の直径の円状です。深さは8~10mmくらいです。インプラントが入るところ以外に切開し骨を露出させるのは余計な腫れや痛みを起こす原因となります。
必要最小限で良いと考えています。それでインプラントは植込みできます。

縫合すれば糸に汚れが付着し、治りが遅れます。
切開しないから手術部位は小さく、当然縫合の必要もないのです。
インプラント手術というと、何か大変なものだと思っている患者さんが多いようです。

「インプラントは痛くないのですか?」などとよく聞かれます。

痛みや、出血が多ければどこか間違っているわけです。
インプラントの手術の麻酔は抜歯の時より少ないくらいです。

下歯槽神経をマヒさせる伝達麻酔も使用しません。

患者さんにとっての、負担は最小限にしたいからです。
インプラントが入る8~10mmの長さと4㎜の幅ぐらいが効くように麻酔します。
痛くないところだけでインプラントを植えますので、安全で、簡単なオペなのです。

その上、当院では歯肉を切開、剥離などという作業を一切行いませんので、術後の腫れや痛みも最小限で抑えられるのです。

骨が軟らかい場合にドリルは使用しません。
骨を圧接しながら穴を拡大します。
最近はOAM(大口式インプラント法)を取り入れていますので、ドリルは最小限だけ使用します。

ほとんどは手を使って、穴を開けています。
このテクニックにより、安心で楽なインプラントになりました。

「手術といった大げさなインプラントから身構えないインプラント治療の研究」は飯嶋歯科医院の目標としているインプラントのテーマです。

平成22年2月26日(金曜日)

大口塾を紹介しよう6!

デンタルCTの免許皆伝

大口弘先生は近い将来デンタルCTがインプラント治療に不可欠と考えています。そこで大口塾では日本発のCTの実習がカリキュラムにあります。講師はCTに関するこの世界では第一人者の新井嘉則先生とお弟子さんの谷本英之先生です。CTに関して日ごろから山ほど聞きたいことがあるので、この日を一日千秋の思い出で楽しみにしていました。知らなかったのですが新井嘉則先生はデジタルパノラマ写真の開発者だそうです。最近もっとも評判の良いモリタ製のCTの3DXを開発された先生でもあるため、内容は3DXの話が中心でした。

講義内容は

①レントゲンの正しい読み方のコツ

②CTデーターの解析方法のコツ

今回は大口塾オリジナルの2日間にわたりCTの正確な操作方法と読影技術の実習です。CTはインプラントオペのみならず、経験値だけでは判断の難しい症例(例えば歯根破折など)にも正確な診断のために使用できます。CTはメーカーのカタログやセールスマンの説明だけで使いこなせる機械ではありません。操作を知らないと購入しても痛い目にあうだけです。

お弟子さんの谷本英之先生はパソコンのシュミレーションソフトによる読影実習が担当です。塾生全員がパソコンを使用し、臨床画像を動かしながら操作方法を学びました。驚いたことに大口塾でパソコンをすべて用意していただきました。

このパソコン実習が意外に楽しく、3D映画のような本物そっくりのシュミレーションに塾生全員が3D体験でき感激しました。インプラントの診断はデンタル、パノラマだけで読影すると全く違う診断をしてしまうことがあります。

新井教授は、何度もCTを過信してはならないと強調していました。今まで、私はCTに対し過大評価をしていたことを思い知らされました。CTといえども、万能な機器ではなく、その使用法を熟知し、他のレントゲン像や口腔内所見などの資料と照らし合わせて、診断しないと大きな誤診をしてしまう危険があるのです。CTは、あくまでもコンピューターによって処理された画像であることを忘れてはいけません。設定の違いでも誤った診断を下してしまいます。肝に銘じて、実践すべきです。

今回は本当に有意義な実習でした。終了時には全員がCTを扱えられるようになり、簡単ではないが努力によりマスターできるものであることがわかりました。

CTを使いこなすには100症例位の訓練が必要で多くの症例を見ることの大切ですが、大口塾の今回のハンズオン実習により、2日間でCT操作がマスターでき全員免許皆伝の腕前になりました。さらにCTを購入後にわからないことは東京の新井先生が出張してくださるそうです。さらに今回の実習でエックス線解剖の実力アップができ、何て大口塾はすばらしいのだろうと思いました。企画していただいた大口弘先生に感謝です。

平成22年2月19日(金曜日)

日本大学歯学部教授の新井嘉則先生

写真右が日本大学歯学部教授の新井嘉則先生です。
デジタルパンラマエックスの開発者で天才的な頭脳をお持ちですが、意外や講義や食事・懇親会のときはとても楽しい先生です。

谷本英之先生と歯科用CTの完全活用

写真左は「歯科用CTの完全活用の著者」の谷本英之先生です。
先生のお陰でCTのパソコン操作がマスターできました。感謝感激です。

新井教授とマンツーマンすっかり暗くなりましたがセミナー終了後も夜9時までマンツーマンで私だけのためにCT操作を教えていただきました。

新井教授に心からお礼申し上げます。

憧れの青山健一先生

大収穫です。

7日に青山健一先生のクリニックに行ってきました。

東京は銀座線青山一丁目下車3分の素敵なクリニックです。

青山式の非抜歯の矯正テクニックの開発者です。完全非抜歯の方法を教わりました。

先生は毎月100人の矯正患者さんが来院し、マスコミ・テレビ等で超有名です。

このテクニックで現在の患者さんにさらに効率的な治療が提供できるようになりました。

この今回はマル秘なテクニックが満載で、惜しみなく青山健一先生独自の治療法をいっぱい教えていただきました。
非抜歯矯正の治療は本だけでは理論は分かっても実践となるとなかなか踏み切れないところがあります。
私が現在安心して非抜歯治療ができるようになったのは青山健一先生のおかげです。

青山健一先生に私の背中を押していただかなかったら、今の「飯嶋歯科医院」の非抜歯矯正やマウスピース矯正はなかったでしょう。

本当に感謝しています。
矯正治療も日進月歩です。すこしでも遅れをとらないようがんばっていきたいと思います。4月と6月にも勉強に行くので、さらにレベルアップが期待されます。

青山健一先生のベストセラー本  青山健一先生と
青山健一先生のベストセラー本です 写真左が青山健一先生です。親切丁寧にご指導頂き感謝感激です。

 平成22年2月12日(金曜日)

良い矯正歯科医の条件

良い矯正歯科の条件は、

① 「高度な技術」

② 「正直」

③ 「親切」 ということです。

技術は歯科全体の知識が必要ですし、矯正ともなれば顔全体の美的な知識とかみ合わせの技術が必要です。ただ歯を動かして、前歯だけ見栄えがよくなれば良いというのではいけません。

子供さんにおいては学力やスポーツ能力の向上まで考えた治療でなくてはなりません。口とその周辺の知識を持っていないと困ります。

良い歯科医とは、親切でなくてはなりません。
矯正の相談に対し、パンフレットを使って話をするだけでなく、実物のブラケットやワイヤを見せて、どのように治るかということを細かく、わかり易く説明してくれなくてはなりません。

正直ということも大切です。矯正医は必ず治療前のお口の模型や途中の模型を取りますから、その医院で実際に治療した模型を見ながら説明を受けることです。写真では細かいことは分からないこともありますが、模型ならごまかすことが出来ないからです。そして治療期間と治療費のトータルを尋ねてください。

総治療費とは、相談料やエックス線検査料、診断料と治療費、保定装置料、消費税を全て含んだものです。それに調整料と称し、毎月に支払うお金もあります。

床矯正のように最初安く言いながら、毎回お金を取られ、その金額が20万円以上になって、転医したくも出来ない患者さんを多くを見ています。間違った治療方法で行った歯並び治療は一生を台無しにしてしまいます。正しい矯正治療の知識を持っておくことは大切なことなのです。

その為に、

何故? 歯を抜歯する矯正はいけないのか、

何故? 床矯正は治らないのか?

といったことを具体的に分かりやすくブログに書いていきたいと思います。

飯嶋歯科医院は「なるべく歯を抜かない矯正」から「絶対に歯を抜かないで治す矯正」が今年のテーマです。

平成22年2月5日(金曜日)

大口塾を紹介しよう5!

年頭に当たり、大口塾の大口塾長の挨拶からスタートです。一同気合が入りました。

大口塾の大口塾長の挨拶4回目は児玉利朗先生の歯周外科ハンズオン2日間コースです。私は正直歯周外科コースに対してあまり期待していませんでした。というのも私自身他の歯周病のセミナーを受けても、役に立たない講義・内容がほとんどでした。それに講師の児玉利朗先生について、まったく知りませんでした。テルダーミス、テルプラグも知りません。鈴木光雄先生が日本一の歯周病の先生を招聘し、日本一の実習と言っている意味もわかりませんでした。

ところが、受講してみて驚きました。さすがに大口塾です。実に素晴らしい内容で、インプランントを長期安定に導くには埋入環境を整えることの重要性を講義でわかりやすく説明されました。また、実践テクニック習得のための豚顎骨実習を行いましたので、大変有意義な実習内容になりました。

講義内容

1.硬軟両組織におけるティッシュマネージメントの講義
2.豚顎骨を使った実習のコツと秘伝の技

A.歯肉弁歯冠側移動術
B.フラップ手術
C.遊離歯肉移植
D.縫合実習

実習は、とても実践的で日常臨床に直ぐに、活かせる手技であります。

実習の様子常に学問を基礎から見つめ、そして様々な応用に基礎をつなぎ、実践していることを教わり、感銘いたしました。詳細における知識の整理が出来、何といっても豚顎骨を使った実習は、大変勉強になりました。児玉先生は、豚顎骨も冷凍していない新鮮な顎骨をわざわざ、鹿児島より用意してくれ、目も痛くならず感触は人体の組織のようでした。凍結解凍していない生の豚は、骨膜の状態が非常に良く、骨膜剥離は実践に近い感覚で行えました。

児玉先生からはインプラント治療ばかりでなく、臨床に生かせる秘伝に技のテクニックを特別に塾生限定で教えていただき、受講生の方もかなり実力アップできました。

この度も、余すことなく学びとり、自身の明日への臨床に於けるステップアップできたと思っています。今回は大口塾のための初公開のオリジナルの充実したコース内容で、ここまで完結したセミナーは、無かったと思います。師範の鈴木光雄先生の学びたいという意欲が、このような素晴らしいコースを築き上げたのだと感服せざるをえません。大口塾はなんてすばらしいのだろうと

歯周病の第一人者の児玉利朗先生と

右が鹿児島市開業の歯周病の第一人者の児玉利朗先生です。

児玉先生と記念写真ANAインターコンチネンタルホテル玄関前にて

児玉先生と記念写真ANAインターコンチネンタルホテル玄関前にて

児玉先生の故郷は埼玉県本庄市児玉町だそうです。私と故郷が同じという奇遇が縁で児玉先生から、ANAインターコンチネンタルホテルの高級ラウンジバーで深夜1時までご馳走になりました。私の質問に丁寧に答えていただき感謝感激です。

大口塾を紹介しよう4!

インプラントが何年も長く長持ちするかは手術の腕ではありません。その鍵はかみ合わせ(いわゆる咬合学)なのです。

いよいよ第4回目の大口塾の授業は咬合理論のスタートです。招聘講師は最新のニューナソロジーと言われるシークエンシャル咬合(順次誘導咬合)の第一人者の榊原功二教授です。歯科技工士出身で日本初の大学教授としても有名です。

授業内容は

1. シークエンシャル咬合学

2. キャディアックスの理論と理解

3. リッファレンス咬合器を使い方

4. ワックスアップの実習

榊原功二教授は私の師匠のオガインプラントの開発者小笠原久明先生の師匠でもありため、一日千秋の思いでお会いできる日を楽しみにしていました。

本日の新聞記事に最新の歯科治療と題して咬合の記事が掲載されました。内容はヒトの健康と噛み合せを考えるときに、キャディアックスを使って「総合的な診断」が必要といったものです。すでに大口塾師範の鈴木光雄先生のクリニックでは20年前より、キャディアックスを使い歯列矯正や大掛かりな補綴処置をおこなっているそうです。本当に鈴木光雄先生や榊原功二教授は歯科医療の先端を行っています。

特に目玉は顎機能検査です。キャディアックスという機械を使って顎の動きを調べます。そうすることによって顎がどっちにずれているかおおよその見当がつきます。

キャディアックスは今後歯医者さんいなくてはならない検査機械の一つです。榊原功二教授によりワックスアップの実習では、塾生一人一人にリッファレンス咬合器をメディカルエイペック社のご好意で用意していただき、塾生全員感激と感動でした。リッファレンス咬合器が操れれば一人前の歯医者さんです。

感想ですが咬合学は決して優しくはないが、だからといって難しいものではないことが理解できました。

私も将来はシークエンシャル咬合(順次誘導咬合)を実践し、キャディアックスを臨床で使用し、リッファレンス咬合器を使用しているような歯科医師になれるように努力したいです。

現在は先人たちの昔からの理想の歯科医療が現実になりつつあります。

今回最新の咬合学をマスターし、今までの自己流の咬合学を反省しました。

今回シークエンシャル交合を学び、インプラントをさらに長持ちさせることにより患者さんに喜んでもらえることが可能になりました。

今回咬合学の第一人者大家榊原功二教授にお会いできたことは最高の思い出です。2日に渡り塾生にわかりやすく、シークエンシャル咬合理論を教えていただいて、榊原功二教授に心から感謝申し上げます。

ウイン大学公認歯科技工士で明倫短期大学臨床教授の榊原功二先生

写真右

ウイン大学公認歯科技工士で明倫短期大学臨床教授の榊原功二先生です。

シークエンシャル咬合の指導をしている所

飯嶋院長にマンツーマンでシークエンシャル咬合の指導をしている所です。

榊原功二先生自ら教えていただき感謝感激です。

平成22年1月22日(金)

大口塾を紹介しよう3

大口塾第3回目は、いよいよ外科手術の基本手技マスターコースです。

インプラント手術に必要な外科の基本手技を完全マスターできるようなカリキュラムになっています。担当の武本雅彦先生ですが、以前から歯科医師としてのセンスの良さを感じていました。今回の講演内容を充実させるために行田塾などの他のセミナーに参加し、豚顎骨実習セミナーにも参加されたそうです。その責任感と実行力に敬意を表します。

内容は、歯科とはいえインプラント治療はやはり手術であるとことを力説され、ダメージの少ない創傷治癒において大切なことは何か、を会得している武本先生のオリジナルの講義と実習でした。武本雅彦先生が外科基本手技の意外と知らない大切な秘伝の技やポイントをわかりやすく教えていただきました。

実習は消化不良の無いよう、親切・丁寧に手に手をとる実習を終始貫徹していただきました。そうです、落ちこぼれがでないように大口塾の実習では、手に手を取り合うハンズオンセミナーで大口塾生全員が完璧にマスターできるまで夜遅くまでハンズオンで教えてくれるのです。

ここが他のセミナーと大口塾の大きな差であります。感想ですが、知っていると思っていた外科の基本手技に立ち返ってみると、意外に認識不足であった事を私も含め思い知らました。

正しい術式を身につけることによって、速やかな創傷治癒を導くことが出来るのです。今回の講義はインプラント手術さらに歯周外科のレベルアップに不可欠です。そして、豚顎骨実習で実際に、切開、剥離、減張切開、縫合を行ったことで、正しい外科手技の再認識も出来て、自信がつきました。

レベルアップの手技を行なうには、基礎知識の認識が不可欠です。武本雅彦先生を講師として選んでいただいた、師範の鈴木光雄先生の先見の明には本当に驚きました。自己流でない外科手技の基本を見つめ直すことで、更なる臨床での躍進を目指します。

大口塾の外科手技コースを修了し、自分のインプラントへの無限の可能性の実現に気持ちが高揚したのは私だけでなく、他の塾生も同じ気持ちだと思います。

毎回毎回確実に本物のインプラントジストに近づいてきました。地方の食堂のコックから有名ホテルのコックへ近づいてきた感じです。武本雅彦先生本当に有り難うございました。

武本雅彦先生(中央)の実習風景

武本雅彦先生(中央)の実習風景

(先生の後ろで真剣にメモしているのが飯嶋院長です)飯嶋院長の後ろは師範の鈴木光雄先生です。

写真左が武本雅彦先生です。

写真左が武本雅彦先生です。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年も平成22年度の治療がはじまりました。

早速、朝から電話が鳴り響いて急患と新患と飛び込み患者でごった返しです。

飛び込み新患4名、その他の急患数名、インプラント相談2件、矯正歯科相談1件
飯嶋歯科医院では常に最新技術を積極的に取り入れています。

今年の目玉は2つです。

① 非抜歯矯正の習得です。

これにより3次元的な歯の移動が可能になり、第一小臼歯をほとんど抜歯しないで矯正治療ができます。

治療期間も約1年半と従来の方法よりの半分に短縮できます。

それも顎の機能や位置をキャディアックスという機械を使って動きを調べて分析し矯正治療に役立てたいと思います。

② インプラントに関してもほとんどドリリングしないで骨を動かしながら埋入していきます。

骨を削らないので患者さんも安心して治療が受けられ血圧も安定しています。今年もどしどし新技術を取り入れて患者さんの治療に生かしていきたいと思います。

大口塾が3月で卒業です。

臨床レベルも都心の一流のドクターレベルになりつつ有ります。

本庄市の歯科医院初のデンタルCTの導入も検討中です。

そして飯嶋歯科医院はさらに飛躍します。

乞うご期待下さい。

平成22年1月8日(金曜日)

月別アーカイブ

PAGETOP