開院以来14年にわたり年末年始を含め年中無休で地域歯科救急医療体制の発展・向上に貢献してまいりました。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 月別アーカイブ: 2008年October

月別アーカイブ: 2008年10月

ノンクラスプデンチャー2

Q 最近、金属のバネのない部分入れ歯があると聞きました。
  私は長い間、入れ歯のバネが嫌いで入れ歯をしていませんでした。
  内容や費用について教えてください。

A 部分入れ歯では、残っている歯に金属のバネをかけて維持を求めます。
  しかしこのバネはとても目立つので、会話の相手などに入れ歯を入れて
  いることを  気づかれてしまいます。この金属バネをナイロン樹脂に置
  き換えて作る全く新しい入れ歯、「ノンクラスプデンチャー」がこの春厚生
  労働省の薬事認可を受けて日本でも作れるようになりました。

  <特 徴>

  • お口の美しさ、自然さを保ちます・・・金属部分がないので、入れ歯と分からず自然な口元を保てます。
  • 違和感が減少します・・・・・・・・・ノンクラスプデンチャーの素材はスーパーポリアミドというナイロン系の素材です。健康保険で作るレジン(プラスチック)のものに比べて、入れ歯自体の厚さをかなり薄くすることが可能になり、お口の中に入れたときの違和感が大幅に減少し   ます。また、重さもレジン製の約1/2になります。
  • 痛くありません・・・・・・・・・・・従来の咀嚼・発音機能を妨げられることもなく、また入れ歯自体が「しなる」ため装着が楽ですし、痛くありません。
  • 安全な素材です・・・・・・・・・・・素材は無味無臭なのでお食事に影響しません。また金属を使わないので金属アレルギーを引き起こす心配も無くなりました。現在金属アレルギーの方も心配なく使用できます。
  • 丈夫です・・・・・・・・・・・・・・スーパーポリアミドは弾力性・強度に優れているので破折しにくいのも特徴です。レジン製の入れ歯を使用していて、よく割れたり欠けたりする方にぜひ試していただきたい入れ歯です。

平成20年10月31日(金曜日)

怖いコワい、アゴの骨折

アゴの骨折はプロスポーツの選手だけのことではありません。

アゴの骨折は、歯科口腔外科という診療科で診断と治療を行います。

多くの場合、転んだり、殴られたり、スポーツ事故、自転車・自動車事故などで何かに強く打ち付けた時に発生します。高齢者では、何もしなくても顎骨が自然に折れてしまうこともまれにあります。

日本口腔外科学会ホームページでは、下記のように注意を促しています。

顔が変形していたり、噛み合わせが異常だったり、痛みや腫れがひどくなってきたりした場合は、骨折なども疑われますので受診されることをお勧めします。
打撲を受けた部位をまず冷やしてください。腫れがひいて痛みもおさまればまず心配はないでしょう。

http://www.jsoms.or.jp/public/soudan/kao/kao01.html

さらに同学会の勧める治療法によれば、下記のように、多くの場合では緊急手術は必要ではないが、出血などを伴う場合は緊急の手術が必要と説明している。

以下、同ホームページの内容を要約した。

上あごの骨が砕けたり、折れたりするけがが、上顎骨骨折です。口があけにくい、噛み合わせがあわないといった症状がある時は X線写真やCT画像により、正確な診断を行う必要があります。 上あごの骨だけの骨折だけでなく、上あごの骨に隣接する骨(頬骨、鼻骨、口蓋骨の他、頭蓋底を構成する骨)の併発骨折を引き起こす場合が多くあります。 ほとんどの顔面骨骨折で緊急手術は必要ではなく、 1週間から10日以内に手術を行えば問題はありません。下顎骨骨折 (かがくこつこっせつ )口腔外科を訪れる顔面の外傷の中で最も多いのが下顎骨骨折です。基本的に内出血や顔面の腫れ、変形、痛みなどは、どの顔面骨折でも認められます。この他に特徴的な症状として、下顎骨骨折では噛み合わせの異常やあごの動きに異常が認められます 。

ノンクラスプデンチャー1

部分入れ歯には必ず金属のバネがあります。場合によっては前歯にある場合もあります。
このバネにより、どうしても精神的に受けいれられず、入れ歯を使用しない人がかなり多いのです。その気持ちよくわかります。

入れ歯しか方法がない、インプラントするのは恐いし抵抗がある人に耳寄りな情報です。

この金属のバネのないノンクラスプデンチャーが開発されました。これは入れ歯の最先端の技術です。

4月に厚生労働省の発売許可が出たばかりですが、大好評です。

金属のバネさえ見えなければ、入れ歯でも構わないという患者さんはいます。

金属の部分を歯の色でコーティングする入れ歯もあります。しかしイマイチですね。

インプラントが出来れば一番良いのですが、費用の問題や、手術に抵抗を感じる患者さんや、安全な適応症も考えるとすべてインプラントで解決は無理です。

自費治療になりますが、インプラント1個分で仕上がるのでかなり安くすみます。ノンクラスプデンチャーは画期的な入れ歯です。一度是非、ご相談下さい。

詳細は11月3日の読売新聞地方版「こだまをご覧下さい。私の書いたノンクラスプデンチャーの記事が掲載されます。                                 

平成20年10月24日(金曜日)

かかりつけ歯科医の大切さについて

どなたでも内科や耳鼻科、皮膚科などのかかりつけの先生があると思います。
同じように歯科でもかかりつけ歯科医を持つことは、お口の健康と前進の健康を守るために大切なことです。
平成9年より厚生労働省などでも「かかりつけ歯科医」を保険制度として採用しました。

厚生労働省のホームページには下記のようないかめしい条文が書かれています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/igyou/igyoukeiei/tuchi/091226.pdf

—–以下引用—–
医療法の一部改正について
(平成9年12月26日)
(発健政第232号)
(各都道府県知事あて厚生事務次官通知)
医療法の一部を改正する法律は、別添のとおり平成9年12月17日法律第125号をもって公布されたところであるが、その改正の趣旨及び要点は左記のとおりであるので、御了知の上、管下市町村、関係団体等にその周知徹底を図るとともに、その運用に遺憾のないよう取り扱われたく通知する。
—–以上引用—–

高齢になるに従い、歯周病などで多くの歯が失われます。しかし、定期的に健診を受けながらきちんと予防管理を受けることで、歯を失わずにすむ場合もあるのです。

かかりつけ歯科医とは、患者さんの歯の健康を管理や指導を行う歯科医院のことです。

かかりつけ歯科医院では、下記のことを心がけるように始動されています。

治療について正確な説明する。
歯科医には治療の内容を説明する義務があります。
患者さんはその内容を納得し治療や予防を受けることになります。
これをインフォームド・コンセントといいます。

また口腔外科や小児歯科、矯正歯科など自分の専門領域外のことであれば、必要に応じて専門医や病院を責任をもって紹介をすることになっています。

基本的には歯科衛生士がいることが望ましいと言われています。

歯科医師の治療だけでなく、予防のプロである歯科衛生士による歯面研磨などが有効です。ご本人とご家族皆さんの歯や口腔内のことについてご相談下さい。

福井にインプラントの研修に行ってきました。

9月28日の日曜日に福井県福井市に行ってきました。

旅行ではありません。世界のインプラント界の第一人者の小笠原久明先生にお会いするためです。

小笠原先生は有名なオガインプラントの開発者です。

小笠原先生から26日に急に私に電話があり「私のインプラントを見学させてあげるから福井に来たまえ!」と言われたからです。

雲の上の大先生ですから断るのは失礼と思い、せっかくの機会なのでお言葉に甘えて行くことにしました。(予約のキャンセル・変更を快くしていただいた患者さんに感謝します) 

こういう機会がないと福井市の小笠原先生の診療室で実際にインプラントの手術をやっている姿を見ることはできません。私にとってとても光栄なことなのです。

私はこの普段から自分のクリニックでオガインプラントを使っています。

とてもシンプルです。オガインプラントを積極的にやられている先生を私も知っております。オガインプラントはインプラントの中ではいろいろと面白い特徴があるので興味があります。

福井に行ったのは初めてで、昼休みに小笠原先生が福井市内を案内してくださいました。おいしいお昼もご馳走になりました。小笠原先生は、ざっくばらんな先生で、いろんなことを包み隠さず教えてくださいました。

本庄早稲田駅から越後湯沢で特急に乗り換えて、富山・金沢を経て福井まで約5時間もかかりました。オガインプラントを68歳の小笠原先生が実際にやっている姿を見て、超一流の日本を代表するインプラント医であることを確信しました。

私の将来の姿として、ばっちり目に焼き付けてきました。

福井は遠く大変でしたが、とても勉強になりました。

インプラントの知識の向上になり、今回の研修は大成功でした。インプラントは今まで、理論がどんどん変わってきているので、オガインプラントがもっと広く受け入れられる時が来ると思っています。

平成20年10月17日(金曜日)

青森県から来たインプラントの相談者!

青森の大学に通っている19歳の女性の患者さんが、急にアポなしで来院しました。
先生「インプラントをしなければいけないと言われたが、飯嶋先生に一度診て頂きたい。」 歯がしみるので青森の大学近くの歯医者さんに行ったそうです。

乳歯が残っていて、痛くもないけど乳歯だから抜いてインプラントにしなければいけないと言われたらしい。しかしその患者さんの歯をみて驚いた。特に抜く必要もないし、ほっおっておいても、まだ使える乳歯である。歯を見ると少しは揺れている様だったが、咬んでも痛くないという。抜歯してインプラントをするほどではない。勘違いということもある。でも青森の歯科医は本気らしい。

これは明らかに金儲けのためだと思う。しかし若い人の大事な歯を抜いてインプラントにすると説明するからには、納得のゆく説明が必要である。少しでも悪い歯は抜歯してインプラントをする歯科医院もある。私はインプラントの選択は第一選択ではなく、最後の選択として患者に勧めている。

全く残せる可能性の無い歯ならばインプラントでも仕方がない。残せる可能性があれば先ずその歯の延命処置をするのが歯科医としての使命だと思う。
私は患者さんがやってほしいというのでインプラントをやるのではなく、十分安全にできるときにインプラントを勧めるようにしている。
この患者さんのように、飯嶋歯科医院の治療方針を十分納得してから、ご来院いただければありがたいと思います。それにしても、遠路はるばる青森から学校を休んでまで飯嶋歯科医院に相談に来るとは!
彼女曰く「インプラントをやるなら飯嶋先生にやってもらいたいです
彼女のインプラントをやるのはかなり先だと思う。無痛で安心安全なインプラントの確立を目ざしたい。

平成20年10月10日(金曜日)

非抜歯矯正の意味!

歯科矯正」のキーワードでホームページを検索してみました。
抜かない矯正とか非抜歯矯正とキーワードが載っている歯科医院のホームページを見つけたので訪問してみました。
マウスピースを使う取り外し式の見えない装置、床矯正などいろいろあります。

非抜歯矯正と書いていても「飯嶋式矯正法」と同じやり方の歯科医院はほとんどありません。 でも他の医院の非抜歯矯正と私のやる非抜歯矯正とは意味が全く違います。つまり私が非抜歯と書いているのは、いわゆる上下合計4本抜歯をしないということです。それは上下4本も抜いての矯正は、いくら歯が並んだとしても失うものが大きいということです。

出っ歯の患者さんの場合どうしても抜歯しないと並ばないケースもあります。決して抜かないのではありません。どうしても必要ならば1~2本の抜歯もします。抜歯しないとどうしてもきれいに並ばないケースもあるのです。非抜歯矯正の限界は絶対にあります。
でも4本を抜くことはしていません。せいぜい出っ歯の人でも上2本抜歯です。
私の矯正方法はきわめて簡単なやり方です。歯に付けるブラケットは透明で目立たないものを患者さん全員に使用しています。早くきれいになり、おまけに費用も安くて出来るのです。20年の経験と過去500症例以上の臨床経験から得た、秘伝のコツがあるからできる技なのです。
歯を極力抜かないので、患者さんも大満足です。

平成20年10月3日(金曜日)

月別アーカイブ

PAGETOP