開院以来14年にわたり年末年始を含め年中無休で地域歯科救急医療体制の発展・向上に貢献してまいりました。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 月別アーカイブ: 2008年September

月別アーカイブ: 2008年9月

噛むことに重点をおいた食材

食後にリンゴが良いと聞いた事はないでしょうか?それは食物繊維が含まれるものをよく噛む事で、食物繊維が歯ブラシの役割をして、歯の表面の汚れを落としてくれるからです。さらに食事中に取る食材でレタスなども良いとされています。
「噛む」事の一番の良さは、唾液が良く出るようになる事。1日に1500ccも分泌される唾液は、その流れで口の中を自浄する作用を持ちます。また食物中の酸を中和する作用で虫歯、歯周病の予防をしてくれます。
この秋、噛むという行為に注目した商品が出てきました。

噛むことに重点をおいた食材
一般の板状のガムと比べると固く、咬み応えがあります。噛んでいてもすぐに味がなくなる速さも一般のガムより長いです。
13分間ゆでる超極太そばも、のどごしするりではなく、噛まなければ飲み込めないと思います。日本人が好きなおせんべいも硬度を1から5までの数字で商品のパッケージに表示するものも出てきました。いづれにしても噛むという行為は全身の健康にとって良いことであるのは間違いないですね。

矯正の歴史を知ろう!

ツイードは矯正学の父として約80年前に活躍しました。
当時のツイードのやり方は、まず4本抜歯して矯正を始めました。これが矯正の歴史です。
この時代には現在のように歯に直接付ける材料がなく、一本一本の歯にバンドを巻き、それにブラケットを蝋付けしていたのです。一本一本歯をバンドで巻くのですから、当然厚みが出来ます。増えたバンドの厚み分を減らすために4本の歯を抜いていました。
今と比べその苦労は大変でした。でもこれは昔の矯正の時代の話です。
現在は直接歯にブラケットを装着するので、厚みは生じません。
当然、ほとんどの症例で抜歯することはないのです。

約80年前の4本もの小臼歯を抜く矯正法が現在の日本で何故今でも行われているのでしょう?理由は2つです。
①一つには、全く進歩していない矯正学の問題です。

それはツイード学校で教わった弟子が教鞭をとり、その弟子がさらに大学で教授となり、ツイードの理論を継承したからです。当然ツイードは神様なので、この理論はおかしいなど弟子は絶対に言えません。そんなことをしたら矯正の世界から追放になります。

②出っ歯の人を治すとき、びっくりするほどの変化がないと、患者さんが満足しません。
4本抜けば確かに大きな変化がわかります。でもそれと引き換えに健康を害します。

健康な歯が4本もなくなったら、それだけで不健康です。

私は平気でよく歯科医師は歯を抜くなぁ~と思います。
咬む力は弱くなり、歯周病も悪化します。歯を抜かないからこそ、健康的な美人になるのです。歯を抜けば年齢を重ねると老け顔となるのです。「総入れ歯のうめぼしばあさん」のような口の周りのしわを思い出してください。不自然な笑顔にもなるのですよ。
現代の進歩した矯正学は歯を抜かない方法です。
抜かなければいけないと言われたら、一度飯嶋歯科医院にご相談下さい。
これまでたくさんの患者さんが喜んでいます。

平成20年9月26日(金曜日)

スピード矯正

3年前から他の歯科医院で矯正治療をやっている子供が、いまだにきれいになっていない歯並びを見ると飯嶋歯科医院でやればよかったのにと思います。

歯列矯正はスピードも大切な選択肢です。
吉野家の早くて・安くて・うまいと同じように
3年も4年もモタモタと歯列矯正している時代ではありません。

速さとスピードもこれからの矯正に必要になります。

患者さんも早いほうがいいに決まっている。早く終われば、今度は美容整形にも行けますからね。口元は重要な顔のポイントであり、その中でも歯並びは重要である。飯嶋歯科医院の成人矯正は2年以内である。しかも小中学生なら1年というハイスピード矯正である。歯をなるべく抜かないのでスピード矯正が可能なのです。

今治療している女子高生は今年の12月までに終わりにしたいと話していたが、8月にはほとんど終了した。あまりの速さで親に急いで残金を払うように話したそうです。

飯嶋歯科医院で矯正したら、先に矯正をしていた友人より早く治ったと感謝の言葉をもらう事が多いです。本当にありがたいです。

それだけ他の矯正歯科医院はゆっくりしている証拠である。

まだ他院の矯正は歯を抜いてモタモタしているのに、飯嶋歯科医院では抜かずにハイスピードで追いつき追い越す。これからの矯正はスピードです。

追いつき追い越すスピード矯正は飯嶋歯科医院にお任せ下さい! 

平成20年9月19日(金曜日)

たばこによる健康被害のリスク

疾病のリスクはがんだけではありません。たばこの煙に含まれる化学物質は4000種類を超えており、そのうち200種類が有害物質。心筋梗塞などの循環器系疾患や肺気腫をはじめとする呼吸器系疾患、消化器系の胃・十二指腸潰瘍など、実にさまざまな病気の誘因になる。歯周病もたばこが良くないとされています。歯周病はタバコを吸う人が大好きです。ニコチンは歯周病を撃退する物質を遮ってしまいます。妊婦が喫煙した場合は、低体重児、早産、妊娠合併症の比率が高くなります。
近年、特に問題になっているのが受動喫煙です。喫煙者のたばこの副流煙を、周囲の非喫煙者が吸ってしまう。喫煙者がフィルターを通して吸い込む主流煙よりも、この副流煙のほうがさらにタチが悪い。

たばこの葉が燃えて、煙が出る。主流煙はたばこの葉とフィルターをくぐって唇に届くが、副流煙はそのままダイレクトに空中にまき散らされる。有害物質をたっぷり含んでいて当り前なのである。酸性の主流煙と異なりアルカリ性なので、目や鼻の粘膜も刺激する。ヘビースモーカーも他人のたばこの煙はいやだと言いますが、気分の問題ではなく、実際にぴりぴりとした刺激があるのです。

出典:厚生労働省「喫煙と健康-きつえんと健康問題に関する報告書」

歯医者選びも健康のうちです。

「歯医者に行って歯を抜かれた」と電車で誰かが話しているのを聞くと、私は大変残念に思います。

歯を抜く歯科医院と歯を抜かないで大切に保存をする歯科医院があります。抜いて入れ歯やインプラントを薦める歯科医院は要注意です。

ほとんどの場合、歯を抜く必要はありません。
健康な歯で良い噛み合わせの歯を簡単にバンバン抜いてはいけないのです。
健康な身体とは、すべての機能が発揮できる完全な体のことです。
抜く前にもう一度考えてみましょう。いいですか。
良い歯で、良い噛み合わせの歯を抜くのですよ。
噛む力や噛む効率が25%以上低下するのです。
本当に歯を抜く必要があるでしょうか。
矯正医のよくやる4本も抜く必要は全くありません。歯を抜くメリットは何なのでしょうか。

歯を抜く基準

  1. 歯を抜かなければならないのは、歯がグラグラになり、歯周病がひどく進行したときです。
  2. もう一つは虫歯をいつまでも放っておいた結果、歯の頭の部分がなくなり、根っこが5㎜ぐらいしかない場合です。

この2つ以外、抜く必要はありません。
患者の皆様も、歯の大切さを認識してほしいと思います。

若い人、20歳以下の人で歯を抜いたら、 人生を不健康な弱々しい体で生きてゆくようになるのです。 歯を抜くことによって元気ではつらつとした、明るく、素敵な素晴らしい人生でなくなってしまうのです。
動物では歯を一本失うことは大変です。犬・猫も歯ブラシする時代です。動物では致命傷となり死を意味します。それほど、歯は一生の間の生命力の源であることを忘れないでください。歯医者で歯を抜くといわれたら、他院に行って相談してみてください。私は歯を守る会の会員として、歯を決して抜きません。歯を守ることこそ私たち歯科医の使命です。

平成20年9月12日(金曜日

最新の矯正テクニックで速く・無痛で美しく!

歯列矯正の治療方法はいくつあると思いますか?
世界では45ぐらいのテクニックの治療方法があり、業界で問題だと指摘されている方法も、いまだにやっている矯正医もかなりいます。
やはりアメリカの一番進歩している方法が日本でも流行します。
いつも新しいアメリカの技術を導入している歯科医院と、導入していない歯科医院の差は、直接患者さんにプラスかマイナスになります。

医者選びも健康のためにとても大切です。どこの矯正医も同じではないのですよ!
これからは頭の賢い患者さんになることです。
以前私がアメリカのUCLA歯学部に留学していたとき、驚きました。
日本に比べアメリカでは治療期間が日本より非常に短くなってきていました。
日本では10年かかる成人の矯正が3年ぐらいで完了するのです。
さらに歯を抜かないことも、料金がリーズナブルなことも、ごく当たり前です。
日本のように小学生の矯正もダラダラと続けてはいませんでした。
将来の日本の姿だな~と思いました。

当時でも、拡大する矯正装置はすでに使用していないのです。
これはいまだに日本でやっている矯正医がいます。これを使用すると歯が咬めるところが少なく、子供は集中力がどうしてもでません。さらに口元のしまりのない子供になります。勉強などとても無理です。頭の賢い子供は口元がしまり、 しかも、奥歯がしっかりと咬んでいるのです。これらの条件を満たし、障害が少なく、速く、痛くなく、思い通りに動かせる矯正飯嶋式スーパー矯正法です。
アメリカのような最新の矯正法はブラケットとワイヤー以外の方法では不可能なのです。

平成20年9月5日(金曜日)

月別アーカイブ

PAGETOP