開院以来14年にわたり年末年始を含め年中無休で地域歯科救急医療体制の発展・向上に貢献してまいりました。
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 月別アーカイブ: 2008年July

月別アーカイブ: 2008年7月

歯周病に組織再生治療

歯周病は、歯と歯ぐきの間にたまった細菌の塊によって炎症が起こる病気です。症状の進行によって歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯周病治療は正しい歯磨きと細菌の塊や歯石を取り除くことなどが基本です。
歯肉炎なら基本治療でたいていは回復しますが、歯周炎となり、歯と歯ぐきの間に3ミリを超える溝(歯周ポケット)ができると専門的な治療が必要です。
 歯肉の奥に隠れている細菌の塊や歯石などを局所麻酔をしてかき出したり、細菌を死滅させる抗生剤などを歯周ポケットに注入したりします。
放置すれば歯周組織が徐々に失われ、歯が抜けてしまいます。5ミリほどの深い歯周ポケットになると外科手術になります。
歯肉を切開し、感染した歯の表面をきれいにする方法などがあります。通常の外科手術の場合、失った歯槽骨などの歯周組織は回復しにくいのに対し、手術後の歯周組織の再生を促す方法がGTR法です。
この方法はスウェーデンで開発され、80年代に臨床応用が始まりました。
日本でも90年代はじめに普及しはじめました。「歯周組織」を生み出す幹細胞が、成人でも歯根膜に眠っていることが分かってきました。
その細胞の力を高めることで、歯を支える骨や歯ぐきが再生するのです。
手術で傷んだ組織を取り除くと、空洞ができます。そのままだと、隙間を埋めようと表面の柔らかい歯肉が入り込み、歯槽骨等の再生を邪魔するので、歯肉が入り込まないよう合成繊維の特殊な膜で空洞を囲い、歯槽骨の再生を待ち構えるという方法です。
術後も「歯磨きが大切」海外の論文によると、通常の手術では歯周ポケットの減少量は平均3.4ミリなのに対し、GTR法を行った場合、平均4.5ミリという効果を示す報告もあります。
ですが、GTR法はすべての歯を救えるわけではありません。
歯槽骨の破壊の形が水平に広がっていたり、破壊が重度だったりすると、この手術方法を使えません。
治療結果も歯槽骨の破壊の形などによって差が出るといいます。術後は歯周組織の再生に数か月から1年かかるため、定期検査が欠かせません。
何より肝心なのは正しい歯磨きをして、細菌の塊や歯石を再び付着させないことが大切です。
同様の治療に、歯周組織の再生を促すたんぱく質を塗るバイオ・リジェネレーション法なども先進医療に認められています。
歯磨きで取りきれない歯周ポケットの歯石の除去など、半年に1回は定期検診に歯科医院に行きましょう。
毎日の基本は、食後3回、最低3分の歯磨き。毎日寝る前は細かくブラシを動かしながら歯と歯茎の間、歯と歯の間に毛先を軽く当てて、1本ずつたまっているものを取り除く。「食後の正しい歯磨きはどんなに最先端の治療もかないません。」
GTR法は今春から保険適用となり、治療費は歯1本の場合、手術代と材料費は3割負担で約5,000円。

矯正を始める時期を教えてください?

先日、読売新聞に掲載された私の矯正の記事が大反響で、矯正の治療希望の患者さんが増加しています。矯正の予約の順番待ちをされている患者には、本当にご迷惑をおかけしています。今しばらくお待ち下さい。

 

矯正を始める時期はよく聞かれる質問です。案外知らないので歯科医師の常識と患者さんの温度差を痛感しています。

私は矯正のスタート時期は小学校5、6年がベストと思っています。

この時期ならばほとんど歯を抜かずに矯正可能です。

中学生や高校生だと受験があり、落ち着いてできません。

 もちろんその時期を過ぎても可能ですし、小学校低学年であっても早期矯正が必要な事はあります。

多くの患者さんは、矯正は小学生までと思っていることもわかりました。

 20台いや50代でもそれ以上でも可能です。何歳でも可能なのです。正解は年齢不問です。ちなみに最高75歳まで私は治療しています。

思い立った時が吉日ではありませんが、矯正開始の時期といっても良いでしょう。

そして何よりも歯を抜かないことです。何度でも繰り返して言いますが、4本抜歯の矯正は古い方法なのです。

 歯列のアーチを正常にして、これを綺麗に並べることが重要なのです。大事な歯を簡単に4本も抜いてしまう矯正は時代遅れなのです。

 足が大きいのがイヤだから足を一本切りますか?一本の歯も軽んじてはいけません。

歯科医として、歯の健康を守ることに於いて、簡単に抜歯する方法は避けなければと考えています。

私のグループが歯を守る会を立ち上げました。 

これからは「健康」と「美しい歯並び」を両方ゲットすることが大切なのです。

歯並びの矯正は本当に楽しいですよ!患者さん曰く「治療に通うのが楽しくわくわくする」そうです。

平成20年8月1日(金曜日)

診療方針・理念

こだわりの診療理念・方針

1.年中無休の診療で患者様の歯を守り続けます。

2.最先端の治療技術で、患者様にとってベストな治療を提供致します。

3.患者様との信頼関係を第一に考えます。親切な対応に全力を尽くします。

「どこの歯医者も同じと思っていました。飯嶋歯科医院を訪れるまで・・・」多くの患者様からよく言われます。

他の歯科医院とどこが違うのか? 

1.歯をなるべく抜きません、歯を保存します!

すぐに歯を抜く歯医者さんもいますが、私はなるべく抜かないで保存する方向で治療しています。原則患者様から抜いてほしいと言われるまで抜かない方針です。これなら恐がりの患者様も大丈夫ですね。

2.痛みが少ないように、ベストな無痛治療をします!

毎回注射(麻酔)をしないで治療しています。毎回注射(麻酔)をしている歯医者さんがありますが、当院は最高級の切削機械を使用していますので、切削時に痛みがほとんどありません。もちろん注射希望の患者様にはしますが、そのときも無痛的な麻酔のテクニックを使い、痛くありませんよ。

3.見た目の悪い、患者様の嫌いな銀歯はやりません!

 

診療方針002.jpg clip_image001.gif 診療方針001.jpg
治療前 治療後
治療方針03 clip_image001.gif 治療方針04
 治療前  治療後

こんなにきれいに、しかも保険です!大人気です!

小さな虫歯なので安心して治療に歯科医院に通っていたところ、最後は銀歯または差し歯になって、ショックをうけたことはありませんか?

ご安心ください!飯嶋歯科医院では極力最小限の歯の切削に努め、一生懸命歯を残す努力をしています。
他の歯医者さんとは違い、虫歯の最終詰め物を銀歯にすることはしません!

当院では保険適用の白いコンポジットレジン(CR)で虫歯をはじめ、ほとんどCRでやるようにしています。よって仕上がりもきれいですし、仮に虫歯になっても早期発見できます。

これは保険で出来る審美歯科ですが、開院以来、ずっとこの方針で原則やっています。当院の看板メニューの1つで通院している患者様からとても評判で圧倒的に支持されています。

患者様が引っ越しや結婚で、その近くの歯科医院でも同じ治療かができると思ったら、全部銀歯にされ、当院で再び治療している例が実に多いです。

簡単そうに見えますが、限られた時間内できれいに仕上げるには相当な経験と技術が必要なのです。これは飯嶋歯科医院だけの良心的な治療の1つです。

4.当院の治療費は良心的です。

当院の保険治療費は他の歯科医院より安くなっています。さらに患者様に必要な場合に限ってレントゲン検査をし、不要なレントゲン検査や他の検査もしませんので、トータルで治療費も良心的です。

歯科治療の自費料金は歯医者さんによって値段に差があります。コストは同じでも値段に人件費や家賃、医院の借金が加算され、実にわかりづらい料金体制になっています。家賃や内装費さらにかわいい助手の女の子がたくさんいると人件費も増加します。

これらがすべて治療費に反映されます。飯嶋歯科医院ではその声に応えるべく、無借金経営により良心的な料金体系となっています。この経営努力により自費診療も市場価格の2分の1か3分の1となっています。

5.診察時間は平日夜9時までです

会社員の患者様などはどうしても昼間仕事で歯科医院に通えません。でも、会社を休んでまで歯医者さんに通うのも大変です。

でも、ご安心ください。きちんとゆっくり帰宅時間に治療をしていただけるように当院は平日夜9時までやっています。

さらに日曜・祝日も夜6時までやっています。患者さんの都合に合わせて予約をお取りいたしますのでご相談ください。

6.患者様との信頼関係を第一に考えます

意外に患者様の心理として「先生に質問するのが怖い」「旅行や結婚式などに間に合わせてくれるか心配」など心配なことばかりあふれています。

当医院では、患者さんとの信頼関係を第一に考えた気軽に何でも相談できる歯科治療を志しています。プライバシーに配慮された環境の中で何でもお気軽にご相談ください。

7.患者さんの歯を守ることに力を入れています

飯嶋歯科医院ではすぐに入れ歯やブリッジを製作するのではなく、徹底したブラッシング指導・フロス・歯間ブラシの指導を患者様お一人お一人ができるようになるまで時間をかけて、ゆっくりあせらずに指導しています。
患者さんの歯を守るということをモットーにしているのでご安心下さい。

8.新しい技術と知識を積極的に学んでいます

私は国内の研修や学会に積極的に参加して最新歯科医療を学ぶなど、治療技術を向上させる意欲にあふれています。

当院では、国内の研修会やデンタルショー、学会などに積極的に参加して、最先端の治療技術、歯科材料などを日々吸収し、最先端の医療をいち早く患者様にご提供できるよう心がけています。

最近は「医学情報研究所」から販売されるDVDにて最新の治療技術を毎月勉強し吸収しています。

9予約できない患者様への対応について

トラック運転手・土建関係者・セールスの患者様は予約しても仕事の都合上、予約時間に通うことはとても難しいです。
途中で無断キャンセルをしたりするので、だんだん通いにくくなり、ついに通院しないで治療途中のままにしてしまいがちです。
でも、ご安心ください。予約しないで、雨の日や早く帰宅できたときに治療ができるサービスをご利用ください。
このサービスを利用されている患者さんは多く、大変喜んでいただいております。

最後にあなたにあわせた治療プラン

患者様の価値観は多様化してきています。歯科治療においても、同様に患者様ひとりひとりの要望はさまざまです。

「前歯を芸能人みたいにセラミックで白くしたい」

「歯のない所にインプラントをいれたい」

「入れ歯以外の方法で治療したい」

「治療中に歯がないのは困る」

「一回の治療時間は長くていいから通院回数を少なくしたい」

「歯をできるだけ抜きたくない」

「自費の治療費は○○円くらいで何とか抑えたい」

「費用がかかってもいいからよく噛める入れ歯がほしい」…などなど。

当医院はこれら患者様の多様な要望に対するいろいろなオプション(選択肢)をご用意しています。 ご相談いただければ、可能な限り患者さんのご要望に応えられるよう、最善の治療方法をご提案させていただきます。

最良なプランから、治療期間や治療費など患者様のご要望におこたえするプランまで、その選択肢はさまざま患者様の多様なニーズに合わせた治療プランをご提案しています。
今までの歯科医院とは違うあなただけの治療プランを選択してみてはいかがですか?

院長からひとこと

歯科治療に対して第一歩を踏み出せない方や、歯科治療を受けたくても、どの医院に行くべきかわからず後回しになっている方も多いでしょう。
しかし、お口の中の疾病は一部を除いて、そのままにしておいて良くなることはありません。早ければ早いほど精神的・肉体的苦痛、期間、費用が少なくて済むのです。
私が言いたいのは、「とにかく第一歩を踏み出してください」ということです。

でも、さてどこの歯医者さんで治療をされますか?

歯科医院を選ぶのには、通いやすい、痛くない、スタッフがやさしい、腕がいい…など、いろいろな判断基準があります。大切な肉体の一部を第三者にゆだねるわけですから、歯科医院選びは一番大切なポイントです。
貴重な時間と費用をかけて治療するのですから、ご自身の希望や要望を、ぜひ院長に遠慮することなくおっしゃってください。

患者様からも「こんな歯科医院ははじめて」「もっと早く来ればよかった」といったご意見、ご感想をいつもいただき、本当にありがたいです。
あなたも、きっとご満足いただけるはずです。

プライバシーに配慮された環境の中で何でもお気軽にご相談ください。今こそ治療の一歩を踏み出してください 。

月別アーカイブ

PAGETOP